人気ブログランキング |

アムゼルくんの世界 Die Welt des Amselchens 

タグ:Rossmann 200 ( 228 ) タグの人気記事

Canonet QL17のF1.7という微妙な明るさ





実は、このカメラ、明るいレンズがついているからと暗い場所でも試したのだが

結果はすべて×だった~

シャッター優先モードしかないので1/30で撮ってみたが、

ほとんどがF1.7が選択されていたのに露出はすべて失敗、

くら~~~い画面になってしまったのである。。

ISO200だったのもよくなかった。

暗い場所ではISO400を選ぼう。

しかし明るい場所、とくにピーカンでは実によく働くレンズではある♪




*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2012-12-10 01:33 | Canonet QL17

Canonet QL17のライカ的パフォーマンス




この70年代の普及型RFカメラは実によくできている。

Leica CLとは同時代カメラであるが、そっちはミノルタ製だった。

当時の価格差がどれほどあったのかは知らぬ、

しかし40年が過ぎて虚心坦懐に比較してみると

Canonet QL17がいかによく作られたカメラであるかが知れる。

わたしはこっちのほうがあっちよりも好きである。♪



*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2012-12-08 05:52 | Canonet QL17

Canonet QL17はよく写るなあ~♪




以前所有していたCanonet 28 は、一本撮っただけで手放した。

そのレンズ Canon 40mm F2.8はよく写るのだが、しかしやや暗く操作性が悪かった。

今回、幼友達で大阪に住むSくん、そうあのNikon S2を気前よく恵んでくれたあのSくんです、

その彼から、今度はQL17を頂戴してしまった。

距離計は彼自ら修理済みとのこと、実にありがたいことだ♪

試写してみると、レンズが明るい(40mm F1.7)分使いやすい。

あいかわらずシャッター速度優先のみなのでそこが使いにくいともいえるが、

しかし距離計はほぼ同じころの製品Leica CLより正確ではないか、と感じる。

シャッターはレンズ・シャッターなのでぶれるシンパイは少ない。

そしてなによりその写りが素晴らしい~!

これもLeica CL+Summicron 40mmより上質ではないか、と思うよ。

もった感じもずっしりとしているし金属筐体の質感もよい、

使っていて悦びを感じる。

ただ焦点距離が80センチと長いので寄れないのが難点だが

RFカメラはみな同じ悩みがあるので、まあ仕方がない。

Sくんありがとう、これもS2同様大事に使わせてもらいます♪



*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2012-12-07 04:20 | Canonet QL17

C Sonnar 50mmが見上げる逝った秋





本日、気温が急降下して裏の湖というか池というか

いずれにせよその水面から濛々と霧が立った。

もうカンペキな冬景色なのである。

しかしこのブログではすでに逝った秋が

画面にひっかかって名残を惜しんでいるのだった・・・・凸凹♪






*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2012-11-30 18:56 | C Sonnar 1.5/50 T*

C Sonnar 50mmのヘマ





というより、無論撮影者のヘマである凹凹

ジャスピンではない結果だが、これはこれでよしとしよう。

これはむしろモノクロ化すべきだったかもしれない、

そうすれば甘ピンも誤魔化せたか(笑)

しかし赤い壁の色を消すに忍びなかったのである。






*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2012-11-27 20:58 | C Sonnar 1.5/50 T*

しかしこれは太くないC Sonnar




これはかなり絞ったためだろうか、いつも太いとは限らないC Sonnarの描写である。

絞りの開け閉めで描写が異なるのは一本で色々楽しめるので

まことに善哉

このことである♪




*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2012-11-16 06:37 | C Sonnar 1.5/50 T*

太い描写のC Sonnar




レンズ地獄で救いのお地蔵さんを求めつづけている

ひらりん師匠によれば、C Sonnarの描写は太い、のだそうだ。

前回、今回の画を見ると、たしかにそのとおりである

と深くナットクするのである。

ただそれだけである凸凹




*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2012-11-15 02:40 | C Sonnar 1.5/50 T*

C Sonnarが見たモノ達の確執




50mmの画角は人の見つめるまなざしに近いといわれている。

そのためか、わたしはどうも50mmが好きだ。

道路わきでベンチと自転車が、あっちへ行け、とばかり争っていた

のを見つめてしまった。

50mmゾナーだったからである。♪





*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2012-11-14 02:41 | C Sonnar 1.5/50 T*

甘ピンでも見せてしまうC Sonnar





いまいちキリッとピンが来なかった一枚である。

しかしながら雰囲気はよくでたな

とかってに評価しておくのである。凸凹♪



*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2012-11-13 03:58 | C Sonnar 1.5/50 T*

Leica 的Zeiss、なこともある






かねがね感じていること

Leicaは影の、Zeissは光の描写に秀でている

ということ。

それはあくまで相対的な、しかも個人的な感覚の問題である。

ゆえに、その感覚を裏切る結果がでてくることは

ままあるのだ

ということである。




*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2012-11-12 04:05 | C Sonnar 1.5/50 T*