人気ブログランキング |

アムゼルくんの世界 Die Welt des Amselchens 

タグ:Nikon F3HP ( 123 ) タグの人気記事

嘔吐なし




かって一世を風靡した<存在主義>(仏:Existentialisme、英:Existentialism、独:Existentialismus)、

これをなぜか「実存主義」という造語までして和訳した翻訳者の苦労が逆目にでて

よく理解されないままそのブームは去った。

<Existenz>とは本質がゲンジツに<現れ出でる>ということでそれを<現実存在>と訳し

さらに<実存>と短縮したものらしい。

個人的には<存在主義>でよかったと考える。

(実際、シナ語では素直にそのように訳している。)

そうであってこそ<存在>とは何か?という思索を導くからだ。

しかし、存在とは思索して理解が及ぶものであろうか?

そこに欧州哲学の限界があるように思われる。

サルトルの小説『嘔吐』では木の根を見て嘔吐する男が描かれた。

しかし男が何故嘔吐するのか?

現実に露出している存在のグロテスクさが原因だということだが、

まあ、「考えすぎですよ、お兄さん」、といいたい。

そんなことをくだくだ「思索」してもしかたがない

存在とは考えて理解するものではなく、深層心理でその全体を感じるもの

なのであります。



*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら

*******************************************************************
by amselchen | 2010-06-04 16:10 | Ai Nikkor 50/1.4S

命のかたち




白樺という木は生命力が強く、

どこからともなく飛んできた種子が

いつの間にか大樹に育っていたりする。

ここはそれが群生する湖の畔であるが

そのテリトリーを主張するように

根が地表にはりめぐされていて

一種不気味な様相さえ呈しているのだ・・・・



*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら

*******************************************************************
by amselchen | 2010-06-04 00:23 | Ai Nikkor 50/1.4S

伸びすぎ




ではないか、と思うのであります。
ドイツ人もオランダ人もミルクの飲みすぎなのではないか!

おそらく190cmくらいが男子平均身長ではないかと思われるほどなのであります。
なにかと不便ではないのか!と、老婆心ながら思ってしまう。

まあ、ひがみが99%くらいあるのでありましょうね、
伸び悩んだこっちとしてはww




*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら

*******************************************************************
by amselchen | 2010-06-01 02:10 | Ai Nikkor 50/1.4S

その門を出るべきか否か?

Maulbronn Abbey (German: Kloster Maulbronn)


しばらく Nikkor Ai 35mmF2 をもちだしていない、だからこれは在庫です。

明日は撮り貯めてやっと現像に出した6本が仕上がってくるはず、この待ち時間が

愉しいのですねえ、フィルムの場合♪

自家現像なさる歴々はまったくちがう愉しみがおありなのでしょうが

使用済み現像液処理の問題がひっかかって、そこには踏み込めないのであります。

とりあえず今のままで行きましょう。

ラボも自家現像が増えればそれだけショーバイがやりにくくなるでしょうから。♪



*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら

*******************************************************************
by amselchen | 2010-05-31 07:00 | Ai Nikkor 35/2

行きつけのお世話になっているラボ兼カメラ店の前の通り




実に説明的なタイトルになってしまったw
よいタイトルが思いつかないこともありますって♪



*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら

*******************************************************************
by amselchen | 2010-05-30 21:59 | Ai Nikkor 50/1.4S

薄明のミライ




Twilight

薄明

さて

これから明けるのか

それとも

これから暮れるのか

暗い場所から見ていると

どうでもいいようにも

見えてくるのだが・・・




*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら

*******************************************************************
by amselchen | 2010-05-30 07:34 | Ai Nikkor 50/1.4S

薬屋さんの驕傲




あまりに立派な建物なので、分に過ぎる、という言葉を思い出したのであります。


*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら

*******************************************************************
by amselchen | 2010-05-29 21:09 | Ai Nikkor 50/1.4S

遠く離れて




カンケイなさそうにふるまう街灯である。

しかし真夜中、人が寝静まったあと

こっそり寄りそう仲だったら

と想像すると、いとおかし♪



*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら

*******************************************************************
by amselchen | 2010-05-29 06:20 | Ai Nikkor 50/1.4S

赤外線写真




か、と思わせる、木の葉の描写なのでありました。♪



*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら

*******************************************************************
by amselchen | 2010-05-28 22:58 | Ai Nikkor 50/1.4S

思いもかけず軟調な


Maulbronn Abbey (German: Kloster Maulbronn)


Nikkorにしてはなんてナンパな描写であろうか、と意外に思う。

ニッコールは硬派、ツァイスは軟派、と分類してしまえないものが

やはりあるのである。

光の加減で変容する画柄の面白さ、興味はつきないのであります。



*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら

*******************************************************************
by amselchen | 2010-05-28 01:11 | Ai Nikkor 35/2