人気ブログランキング |

アムゼルくんの世界 Die Welt des Amselchens 

タグ:Nikon D610 ( 141 ) タグの人気記事

アムステルダムで活躍の【AF Nikkor 2880G】

前回も述べたようにD610+廉価盤標準ズームの28-80㎜Gしか持参しなかったが之は正解だった。

<出来る範囲での小型軽量化としかしながらの描写性能の両立ができた>

と、撮影者は自己満足しているのである。

多少広角側での歪曲があるものの(現像ソフトで修正した後もやや目立つ)

充分なシャープネスとハイコントラストな描写は廉価版標準ズームとは思えぬ出来だし発色も善哉

at a corner of Amsterdam


またモノクロ化して光と影の戯れを強調してもトーンが美しい

しかしこれはD610搭載の24MPセンサーの恩恵だろうか?


on a bridge in Amsterdam


しかしだねえ、可能な限りの小型軽量化をはかったものの

今回は一泊二日だからまあよかったが

これが一週間とかもっと長い休暇となるとやはりフルサイズ機は辛いなあ

と老人となったわが身に堪えるのは歴然としている

ということで対策を講じてはいるのだが・・・・・

結果はいずれ判明するでしょう♪




*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2014-10-15 18:09 | AF Nikkor 28-80G

久しぶりのアムステルダムを【AF Nikkor 28-80G】で

週末一泊二日で久しぶりにアムステルダムを訪れた。

一日目は生憎の雨だった。そこで美術館へ。

国立美術館リニューアル後ははじめての参観だったのでその変貌には吃驚した。

しかし【夜警】は相変わらず見事である。


Watchers for The Night Watch


家からアムステルダム旧市街外のホテルまで車でちょうど230Km。

速度制限のあるオランダの高速道路をゆっくり走ってそれでも2時間半で到着。

ユトレヒトを過ぎるとアムステルダム市内へ向かうA2線は片側5車線で制限最高速度100Kmでゆったりと流れていた。

ドイツのそれとはちがいリラックスした車の旅だ。家からではフランクフルトよりちょっと遠い程度である。

最も近くにある一国の首都がアムステルダムである。ベルリンまではその三倍の距離と時間がかかる。


morning in Amsterdam


二日目は朝霧が立ち込めていたがなんとか晴れて撮影ができた。

今回はD610+廉価盤標準ズームの28-80㎜Gしか持参しなかったので主に絞り込んだ画ばかりになった。

アムステルダムを撮影するならそれでいいと判断したわけだが、それなりの結果になったようだ。

と、撮影者は自画自賛するのだった~♪


early autumn in Amsterdam



<続く>(かもしれない)



*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2014-10-14 00:36 | AF Nikkor 28-80G

まだ早い紅葉を【AF Nikkor 50/1.8G】で

10月に入って落葉も増えた。

しかしさる日本公園の楓の紅葉はまだ始まっていない。

ライン低地地方はおよそのところで奥日光に近い気候ゆえ

今月末ごろには見所になるのではないか。

ここではAF Nikkor 50/1.8Gのボケ味を楽しんでおくのである♪

autumn light




*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2014-10-09 21:38 | AF Nikkor 50/1.8G

トリミングもよろし 【D610】

秋日和の公園で日向ぼっこをゆっくりと楽しんだ。

いかにも老人ぽい日の過ごし方に苦笑を禁じえぬ。

公園で見事な枝ぶりのプラタナスを撮り、家でPCで開いて見ると、

若い母親が遊び場で子供を遊ばせているのが写りこんでいる。

そこでそれを中心に6x6風にトリミングしてみる。

<結果は上々ではないか>

と、撮影者は自画自賛するのだった~♪




an autumn afternoon 5





*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2014-10-08 02:31 | AF Nikkor 50/1.8G

【Ai Nikkor 35/2】は発色もよろし

さて随分とエントリーの間があいてしまった。

写真についてはFlickrと500PXへと関心が集中してしまい

こちらへはつい足が遠のいてしまった。

<いっそ放置モードにしてしまうほうがよいのかもしれない>

などと考えている秋なのである・・・・・・・。


Russian Chapel in Darmstadt, Germany


さてDarmstadtへ二度目の訪問をした。

前回D7000+Sigmaズームだったが今回はD610+Ai Nikkor 35F2を用いた。

発色といいコントラスト、シャープネスといいどれをとっても現代レンズに見劣りすることのない

描写性能のオールドレンズである。

D610の24MPセンサーとは相性がよいのでうれしい♪





*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2014-10-04 06:08 | Ai Nikkor 35/2

【AF-S Nikkor 50/1.8G】のボケがかもす臨場感

サッカーの試合が終わったところか、少年たちはそれでも疲れを見せずに

公園を通過していった。

例によってF2に絞って撮影したのだが

ちょうどよいボケと光と影の塩梅が

その場にいるときの感じを彷彿とさせてくれた

と、撮影者は自画自賛するのだった♪


an autumn afternoon


*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2014-09-25 19:40 | AF Nikkor 50/1.8G

【AF-S Nikkor 50/1.8G】で秋の真夏日を

お国では連休らしいがこっちはまあ関係ない凹

週末の土曜、南ドイツの妻の実家では30℃という狂ったような気温となり

紫苑咲く秋も盛りというのに真夏日となった。

絞りは例によってF2だがマンゾクの行くボケ味である。


the last summer day


しかしこの夏日は一日限りで

翌日曜は雨、しかも時に暴風もともなって荒れ狂うという

以下にもドイツらしい天気となった。

週あけて幸いにも穏やかな秋日和になり

枯れ葉も盛んに散り、除雪車ならぬ徐落葉車もでて道路から枯れ葉を吹き飛ばしているのである。

作業員もでて落ち葉を集め始めている。

一月早い気候の推移であるが、さて今年の冬はどうなるのか

今からもう心配しているのである凹




*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2014-09-23 19:01 | AF Nikkor 50/1.8G

【D610】水面の質感表現がやはり善哉な件


ギスギスカリカリしたデジタル臭さがないD610の描写が好きだ。

水面がイメージのなかにあるとそれがよくわかる。


Kö, Düsseldorf


PCモニター上でのピクセル等倍鑑賞マニアという方々がおられるらしい。

そういう方々はFOVEONでも満足できまい。

わたしは写真撮影そのものと、写された画の全体の印象とくにトーンの美しいイメージが好きだ。

ゆえにD610の24MPセンサーには大満足なのである♪




*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2014-09-18 22:44 | AF Nikkor 28-80G

RAW現像で現われ出でた空と雲 【D610】


ほとんど白とびしたかと思われた空と雲が

RAW現像のISO調整で鮮やかに顕れた。

そういえばこんな空と雲だった、とあらためて記憶を新にする。


moment of blessing


モチーフが橋上の聖人の像だったため

空が祝福の光に満たされているようだ。

めでたしめでたし~♪





*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2014-09-15 21:10

Exploreの怪 【Ai Nikkor 35/2.8S】

このイメージ、何もよいところのない

ただ、モチーフがおもちろいだけのものである。

アントワープ中央駅から旧市街に向かうとまもなく市内でもっとも賑わう通りMeir Straat

のその入り口に立つベルギー・シュービニズム丸出しの相似形の建物

左にはアルマーニ・ジーンズ、右にはベネトンがテナントとして入っている

いわば安物イタリアン・ファッションの代表二社である。

そのグロテスクなミスマッチ~!


Armani Jeans(L) and Benetton(R) in Antwerp  :D


おそらくはこの諧謔が受けたのだろうか

Flickrへアップロードの翌日にExploreされたちまちアクセスが増えすぐに5000を突破した。

<Exploreとはいったい何ぞや?>

という疑問がまたも沸々と湧いてくるのであった・・・・凹凸

自分でいうのもなんだがこのイメージ

このレンズの悪いところすなわち歪曲がでていて失敗作である。

しかし何もアップロードすべきものがなく、おざなりに上記の諧謔

言葉を変えればおふざけで載せたものだ。

<FlickrもExploreもたいしたことねえな>

と撮影者はしみじみ思うのであった・・・・凹凸






*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2014-09-13 17:15 | Ai Nikkor 35/2.8S