人気ブログランキング |

アムゼルくんの世界 Die Welt des Amselchens 

タグ:Kodak Sonne 100 ( 26 ) タグの人気記事

寄らばボケるぞ




絞ってパンフォーカスならくっきりハキハキ、開けて寄ればボケ

このレンズ、たいしたもんだ、がしかし実はしばらく使用していない。

ここ最近はほとんど去年の在庫でお茶を濁してばかりいる。


ところで、本日バカヤスなフィルムを見つけたのだが、しかしあまりに廉すぎる。

ISO400で36枚撮り2本パックで1,75ユーロというのである。

迷いながら箱をあちこちチェックしておると

使用期限はあと二年ある。ひょっとして件のチャイナ製かと思いきや

Made in Japan

とあるではないか。

んじゃあ、きっとF社のOEMか?

しかしまたなんでこんな廉い??

半信半疑で買ってみた。

明日から試写だなあ、とホクホクしていたら

帰りは雨だった、嗚呼・・・・

おおボケで傘もなかった、とほほ




*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら

NEW!! >>>
Fluidr <Amselchen>




*******************************************************************




by amselchen | 2011-03-10 02:00 | Ai Nikkor 35/2

女子カメはステキだ!♪




あたらしいフリッカー・クラブ誕生!

flickr女子カメ部1年バラ組 / girly photo CLUB


オジサンたちのひそかな遊びと愉しみ、むふふふ


*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら

NEW!! >>>
Fluidr <Amselchen>




*******************************************************************




by amselchen | 2011-03-02 17:06 | Ai Nikkor 35/2

メタモルフォーゼ




それが生の本質なのであります。

ある形が滅び、別の形として再生する。

その無限の繰り返し。

そう考えると肩の力が抜けるのであります。






*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら

NEW!! >>>
Fluidr <Amselchen>




*******************************************************************




by amselchen | 2011-03-01 06:13 | Ai Nikkor 35/2

偉大なるもの


City hall, Duisburg


ドイツ帝国の基をきづいたカール大帝、再統一ドイツ帝国のウィルヘルム二世、ドイツ千年王国の頭と尻尾の両権力者もすでに去って久しい。世界に冠たるドイツ第三帝国を夢見たものも泡沫と消え去った。あとにはドイツの森が黒々と欧州半島の中央を覆っている。そんなビジョンをプラタナスの木肌から思い浮かべた。




*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら


*******************************************************************
by amselchen | 2010-05-11 07:27 | Ai Nikkor 35/2

北斗のドイツ・シュービズム

City hall, Duisburg


以前、<ドイツ的な、あまりにドイツ的な>でエントリーした市庁舎のファサードを、ちがう機材で撮りました。

左がフランク王国の創立者で紀元800年ちょうどにローマ教皇から皇帝の冠を賜ったカール大帝、右はいわゆる「カイゼル髭」で有名なドイツ帝国皇帝(カイザー)ウィルヘルムII世です。ドイツ・シュービズムの極北です。



*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら


*******************************************************************
by amselchen | 2010-05-08 02:15 | Ai Nikkor 35/2

メルカトールの憂鬱

City hall, Duisburg


メルカトール図法による世界地図にその名を残すGerhard Mercatorは現在のベルギーはフラマン地方の出身でした。ご存知のようにそこはオランダ語地域ですので、通常オランダ人と見なされています。
本名は、Gerard De Kremer、ドイツ語名はGerhard Krämerでした。

彼はこの土地に1552年から1594年まで住みました。それは彼が40歳から82歳にあたりますが、82歳で亡くなったのでこの土地が終焉の土地となりました。

メルカトール図法は1569年にこの土地で発表されました。つまり彼はこの土地の誇りなのです。よって彼の銅像は市庁舎の前の泉の上に高々と立って世界を見下ろしているのです。

しかしその表情はあまり愉快そうではありません。何が彼をしてそれほど憂鬱にしているのでしょうか?世界を視るということはたしかにそれほど心躍るものではないでしょう。それでもジッと世界を凝視する、その言い知れぬジョーネツが人をして何事かを為さしめる源泉なのかも知れません。



*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら


*******************************************************************
by amselchen | 2010-05-07 15:54 | Ai Nikkor 35/2

目覚めの裏側

City hall, Duisburg


くだんのイヴ像ですが、別の角度からねらうとこんな表情をしていました。目覚めた、というより目覚めさせられた性感というか愛情というか、欧州ではどちらも同じ事ですが、さらには生きることそれ自体への畏れさえ感じさせる表情なのでありました。どんなゲージュツ家が創作したのか知りませんが、けっこうやるもんだなあ、と感心したのであります。♪

ついでに別角度のアダムも・・・
by amselchen | 2010-05-07 01:32 | Ai Nikkor 35/2

威風堂々たれ

Salvatorkirche, Duisburg



いつのことからか、たぶん戦後なのだろう、わが国民の概念上、欧州を代表すると見られる国がドイツからフランスへと変容した。つまり戦争中の同盟国であった軍国主義・ナチズムよりは文化国家、シャンソンとゲージュツの国が好ましいというイメージ転換が故意に実施されたものと思われる。

明治以来、近代化という欧米化に邁進する中でドイツを、とくにプロイセンを手本としてきた国家モデルが破産して、そのアンチテーゼとしてより軟弱な自虐的なモデルとしてフランスを選択した心算だろうが、それは誤解である。フランスは自己中心的で打算的で国家意識の強いそして核武装を含む強力な軍事力を有する国なのである。

いつものべることだがドイツとフランスは双生児姉妹のようによく似ている。日本が勝手に自己のイメージを投影したところで現実はいつもそれを裏切るだろう。フランスに学ぶなら大は国家から小は国民個人に至る合理主義というその根本精神を学べ。

戦後占領政策により背骨を打ち砕かれ自虐に閉じこもり、ついには現総理のような幼児的な男に容易に混乱させられるほどに精神が薄弱化してしまったとはいえ、日本が終わってしまったわけではない。欧州を見習えとはいわないが、その石の文明、つまりは意思の文明のその威風に吹かれて頭を冷やし砕かれた背骨を修復する機会が今なのである。




*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら


*******************************************************************
by amselchen | 2010-05-06 16:42 | Ai Nikkor 35/2

鉄の虎馬






*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら


*******************************************************************
by amselchen | 2010-05-06 03:33 | Ai Nikkor 35/2

見上げれば新緑

City hall, Duisburg


この塔の下は通り抜けられるようになっていて、その通路の入り口の左右に全開のアダムとイヴのレリーフがあります。その二つ並んだ様子を撮ってはみたのですが出来が悪いのでアップいたしません、撮り直しです。ww



*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら


*******************************************************************
by amselchen | 2010-05-05 23:49 | Ai Nikkor 35/2