人気ブログランキング |

アムゼルくんの世界 Die Welt des Amselchens 

タグ:C Sonnar 1.5/50 T* ZM ( 132 ) タグの人気記事

明と暗あればこそC Sonnar 50mm





Sonnarとはドイツ語で太陽を意味する<Sonne>から取られた名前である。

しかしいつも述べているように冬に陽射しはほとんどなく

Sonneが恋しい日々である。

写真はクリスマス前に少し降った淡雪が陽のあたらない広場で頑張っているところ凹


さて、先週月曜から降りだした雪は金曜日に止んだが、

週末からまた降り始め、本日はせっかくとけかかった雪の上に

また新に雪を積んでいる。

いやはや鬱陶しいことであるが、仕様もないことなので諦めるしかない。




*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2013-01-21 21:50 | C Sonnar 1.5/50 T*

C Sonnar 50mmの見た水に浮かぶ潜在意識





恐縮ながらまたもや潜在意識について述べるが。

けっきょく、デジタルでもフィルム撮影でも

写真撮影における撮影者の潜在意識の重要性について強調したいからである。

潜在意識とは本人が意識しない意識のことであるから

それはグーゼンに写真に焼き付けられるのである。

そしてそれは写真をテクストとして「読む」ときに表出される。

わたしが、自分の撮った写真に何を読み取っているか

そのことは言及しない、

他者の目に何が見えているのかが重要であるからだ。

それは自分でも意識しない、あるいはできない「わたし」というモノを他者の目にさらすという行為である。

これからもこの視点からわたしは撮影という行為をつづけるつもりである。







*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2013-01-20 05:15 | C Sonnar 1.5/50 T*

潜在意識をくすぐるC Sonnarの力





すでに述べたが、この場所はわたしにとって特別なトポスである。

市の中心街のもっとも賑やかな通りの真ん中に運河がある。

運河といっても交通の用は足さない飾り物である、

がしかしこの水がいかに重要なファクターを擁しているか

この街に住むもの、また外からこの街を訪れる者たちは

みな潜在意識的に了解しているのだ。

かってはこのトポスに徒歩5分でアクセスできる位置に居住しており

折にふれてここを訪ねたから、わたしの潜在意識とこのトポスとは

すでにかなり密接な交流があるようだ。

ここにくると心底リラックスした気分になるれし、また

その気分が写真という潜在意識を映し出す鏡にも

ちゃんと写っているのである

と撮影者は自画自賛するのであった凸凹♪





*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2013-01-15 05:25 | C Sonnar 1.5/50 T*

モチーフ探しには困らないC Sonnarの距離感




RFの標準レンズといわれる35ミリはまだ使ったことが無い。

一眼ではずっと35ミリばかりを使用していたので飽きた、ということもある。

今では、一眼もほとんど50ミリばかりを好んで使う。

じっとみつめるその視線に近いからだ。

その距離感がチャリンコ撮影にはちょうどいい。

これがチャリンコとそれをめぐる人々および街の様子

などをモチーフとするなら当然35ミリ、あるいは28ミリが必要でもあろうが

わたしはとりあえずそういう光景にはあまり興味がないのである。

ゆえにZeiss IkonにはこのC Sonnar以外は必要としていないのだ♪

と、ブログには書いておこう凸凹





*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2013-01-14 04:19 | C Sonnar 1.5/50 T*

ボツ山崩し Zeiss Ikon編 冬の光景


Untitled


すっかりアップしたものと思いきや

どうやら漏れていたらしき一枚。

二年前のものなのに本日Flickrにコメントをいただいた。

懐旧的な雰囲気があるらしい。

ZeissにしてはかなりLeica風の描写である。

こうしてあらためて眺めると

かなり味があると思う

と、撮影者の自画自賛であった(苦笑)♪






*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2013-01-13 00:19 | C Sonnar 1.5/50 T*

午後二時で暗い街をC Sonnarで






当時前後は午後二時で夕暮れのようだ、

店のショーウインドーにも灯りがともる。

こうしてせめてもの華やぎを装って

暗い気分を忘れようとする。

一月の初旬を過ぎたというのに

まだ明るさはもどらない。

しかし昨日今日と陽が射しているので

救われた思いである♪





*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2013-01-11 22:59 | C Sonnar 1.5/50 T*

C Sonnar 50mmで写したい、憂愁の街





この場所、この視点は定番撮影ポイントである。

かって住んだこの街、息子の生まれた街だが

今では月に一二度買い物に行くだけになってしまった。

それだけ遠ざかった街だが

わたしがドイツで初めて住んだ街だけに

特別な記憶があちこちに張り付いているのだ。

とくにこの場所は水辺だけにスピリチュアルなものが

集っているらしい。

それを写し撮ることが今のわたしに出来るすべてである。




*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2013-01-10 10:51 | C Sonnar 1.5/50 T*

暖かい発色がありがたいC Sonnar

Untitled


この日は少しだけ陽が射し暖かい雰囲気だったことが

この画から失われかけていた記憶が再生される。

まったく暗いだけの冬の日々ではないことが

救いではあるが、しかしこんな日は少ない。

冬至過ぎてより暗く感じるのはなぜだろうか・・・・・?

欧州半島は陸続きの大陸の向こう側とおなじく

暦どおりに天候が推移するので立春が待ち遠しい。

あと一月あまりか・・・・・・凹凸



*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2013-01-09 06:37 | C Sonnar 1.5/50 T*

狙いははずしたがそれなりの仕事はするC Sonnar




橋の欄干の動物モチーフがもっと浮き上がってくれるかなと思っていたが

風景の中に溶け込んでしまった~凹

しかし、その時のその場での雰囲気はよく捉えられているなあ、

と撮影者だけが知っている結果を出してくれたのである。

めでたし、めでたし、っと♪



*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2013-01-03 05:27 | C Sonnar 1.5/50 T*

影で息づくものをC Sonnarが




光が復活するのを期待する日々である。

本日も蓋をかぶされたような冬眠してしまいたい天気であった。

光あると影に息づく存在が逆に際立って自己主張をする

そんな写真撮影を楽しむ日の光臨が早からむことを♪




*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2013-01-02 05:35 | C Sonnar 1.5/50 T*