人気ブログランキング |

アムゼルくんの世界 Die Welt des Amselchens 

<   2014年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ボツ山崩し【Kodak BW400CN】篇

これをボツにしたのは「つまらない写真」だったからだ

しかしこれを在庫整理中につらつら見るに

木々の葉の描写、光が作る影の線

など非常に好ましいと感じた。


evening light


生憎と値上げとなったこのフィルムだが

当地ではあいかわらずIlford XP2よりは廉価である。

しかも10本ほど買い置きもある

ただ1年近く撮影に用いていないのが剣呑である。

そろそろこのフィルムへと回帰せねばなるまいよ凹凸♪




*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2014-06-29 19:06 | AF Nikkor 50/1.8G

【AF-S Nikkor 50/1.8G】は銀塩にもよしデジタルには無論よし

前回はF100にこのレンズを装着して撮影したものだったが

D610には無論もっとも適した標準レンズである。

でてくるイメージもほぼ同じなのはレンズが同じだから

という凡庸な結論だが

このレンズは決して凡庸ではない。



high noon(again)4



SigmaのArt 50㎜F1.4は立派な描写らしいが

しかしあの図体ではお気楽に街に持ち出すわけにはゆかね凹

やはりこのレンズが善哉

このことである♪





*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2014-06-27 20:48 | AF Nikkor 50/1.8G

ボツ山崩し 【Kodak Ektar 100】篇

銀塩カメラで撮影した画像の在庫整理を続けている。

その中に精細な描写で人気のKodak Ektarで撮影したものの、

露出に失敗し発色の悪かったためボツ山に投げ込まれていたものがあり、

今回モノクロ化してみたらなんとか見られるのであえて公開するものです。


high noon(again)


この手はFOVEONでよく使い、結果FOVEONのモノクロにおけるポテンシャルを発見したのだが

Ektarの場合もそれに該当するようでなんだか奇妙な感じだ。

とくに街灯の質感の良さがモノクロ化してきわっだったように思う。

こんなところもFOVEONに似ているようだ♪

高精細とモノクロとの相関関係の理論をどなたかご存知ならご教示いただきたい。


high noon(again)2







*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2014-06-24 16:36 | AF Nikkor 50/1.8G

光と影のあるなしの比較 【Zeiss Ikon】

ドイツの冬は基本的に光も影もない世界である。

ここに住む人々が春を待ちわびる気持ちとは

すなわち光に対する憧れなのだ。

今回1本のフィルムを撮影し終えるのに半年もかかり

冬と初夏までの季節が写りこむ結果となった。

このようなどんよりとした光景が続く日々と


one winter afternoon


下のような光と影の戯れを楽しむ日々が


along wall


同じフィルムに写りこんだことこそ

銀塩カメラの醍醐味であろうか?

次回の撮影も斯くの如き結果になるのだろうか・・・・・


まだどのカメラにもフィルムが通されていない凹凸







*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2014-06-22 18:54 | C Sonnar 1.5/50 T*

ボツ山崩し 【Contax G1】篇

引き続きContax G1+G Planar 2/45 T*で撮影した過去のイメージを整理しながら

その描写力に惚れ惚れしている。


mfort


色付きなら鮮やかな発色と滑らかなトーンが気持ちいいし

モノクロならコントラストとシャープネスの善さがうれしい♪



waitting


しかしまだフィルムを通してはいない凹

さて銀塩カメラ終了をほんとうに先延ばしするのか、オレ?





*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2014-06-21 18:57 | G Planar 2/45 T*

わたし的銀塩カメラ終了を阻むか【Contax G1】

前々回に述べたようにD610導入以来ほとんど銀塩カメラをもちださず

半年でやっと1本のフィルム消費であった。

このままわたし的には銀塩カメラ終了の恐れあり

という状況で、手持ちの銀塩カメラをいじったり

過去のイメージなどをつらつら眺めている。


fino


かってモノクロで公表した上のイメージだが

もとの色付きを見ていて

またこのカメラとレンズで撮影したいという意欲がモリモリと湧き上がってきた。

銀塩カメラ終了はまだまだのようである♪





*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2014-06-19 01:11 | G Planar 2/45 T*

ケルン中央駅その憂鬱を【AF-S Nikkor 50/1.8G】 で

前にもふれたがケルンに出かけることは多くない。

どうも大きすぎてとりとめもない感じがする街である。

大きいといっても人口でいえば100万人程度のものだが、

しかしそれでもドイツでは大都市に数えられる。


lumière de Cologne


その中央駅は例の大聖堂脇に造られたため参拝のためには便がいい。

しかし何やら鬱陶しく物憂い感じがするのは何故だろう・・・?

それはさておき、件のフォトキナの開催されるメッセはその中央駅から見るとライン川を挟んだ向こう側にある。

今年はそのフォトキナの年だがさて前回同様是非とも参観して見てみたいものがない。

D610で満足しているからだ。





*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2014-06-16 22:36 | AF Nikkor 50/1.8G

久方ぶりの【Zeiss Ikon】

昨年暮れにD610を導入して以来、銀塩カメラもちだしがめっきり減った。

Zeiss Ikonでフィルム1本撮り終えるのに実に半年費やしたのである凹

one day in winter

ゆえにそこに写った光景は冬のものが多かった。

これもフィルム撮影の醍醐味であろうか?



*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2014-06-14 19:41 | C Sonnar 1.5/50 T*

真夏の快楽を【D610】で

週末は聖霊降臨祭のため3連休だった。

これは復活祭から50日目に聖霊が降ったことを寿ぐという建前だが

復活祭自体が移動祭日であるから聖霊が降る日も移動祭日である。

よってキリスト復活にも聖霊にも関係のない祭りである。

実際は春の最初の収穫を祝うものである。

今年は復活祭が遅れたため降霊祭も6月にずれ込んで9日になってしまった。

週末から気温がこの日はとうとう39℃にまでなってしまった。

体感では40℃を超えた。

そんなわけで以下のようなものがうれしかったのである。


a summer day´s dream


ところがその晩は暴風雨が吹き荒れ雷鳴がとめどなく響く恐ろしき夜となり

降臨したのは聖霊ではなく悪霊ではないかとも思われた。

各地でその被害があり、我が家では猫の額の山吹がすべて倒れてしまった。

路上では街路樹が倒壊したり、そこまで至らずとも大きな枝が折れて落下したりで

すでに3日たつのにこの地方の郊外列車はカオスとなって通常運転が復活していない。

架線や鉄路に落ちた樹木が撤去できていないということだ。

7年前にも同様な被害があったが、それは冬場だったため葉がなかった分処理しやすかったのだろうか?

しかしその雷雨以降は気温が20℃ほど急降下してしのぎやすくなったのには大いに助かっている凹凸♪




*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2014-06-12 16:35 | Micro-Nikkor 60/2.8D

解像度もまた高し【AF-S Nikkor 50/1.8G】

Original (3741 x 5666)サイズで見て

モデル名が「Velo55Cross」であると後で知った。

ゆえに「Velo55Cross」というタイトルでFlickrにアップしてみたが

それについての質問はなかった。

まっ、それはどうでもいいのだが

たいした解像度であるとあらためて見直した廉価版神レンズであった~♪


Velo55Cross





*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2014-06-11 20:50 | AF Nikkor 50/1.8G