人気ブログランキング |

アムゼルくんの世界 Die Welt des Amselchens 

<   2014年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

FOVEONいらずの【D610】

精細感、質感、立体感

どれをとってもわたしには満足のゆく描写である

<D610があればFOVEONいらず>

と撮影者は自画自賛するのであった~♪


sunlight


*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2014-02-10 03:31 | AF Nikkor 50/1.8G

水面に映る深層意識を【D610】で

本人が意識できないから深層意識だが

ふと意識の表象に浮かびある時がある。

それはセルフのよるエゴへの語りかけ、と言い換えもできようか?

いずれにせよそれは「わたし」内部の出来事である。

セルフの中には集合無意識としての核がある、とはユングの仮説だが

それによると人類(あるいはもっと広範な存在に及ぶ)全部に共通するものだという。

そこまで行かずとも「わたし」の知らないあるいは気づかない「わたし」が

何かを告げようとしている、ということの不思議さを

この水面のゆらめきをみながら感じるのであった・・・・・・



water in unconsciously



*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2014-02-07 21:43 | AF Nikkor 50/1.8G

春のささやかな兆しを【D610】で

欧州大陸の春らしく三寒四温の綱引きが続いている。

シナ大陸も同様だが欧州の大地は暦通りに気候が推移する。

節分をすぎ、まだ寒さが残るものの

戻りようもない春の兆しがあちこちに見られるのである。


warm up


例年だと今頃あるカーニバルだが

今年は3月3日が「バラの月曜日」だ、

季節もその頃にははっきりと春になっていることだろう♪





*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2014-02-05 22:48 | AF Nikkor 50/1.8G

【AF Nikkor 50/1.8G】さえあれば

フルサイズをゲットしたらMF Aiニッコールをオリジナル焦点距離で使えるなあ、

と、楽しみにしていたのだが、いざとなったらほとんどレンズ交換はせず

AF Nikkor 50/1.8Gばかりで撮影している。

このレンズの描写性能に満足しているからだ。

しかも軽量なので携帯が苦にならぬ。

これで現行ニッコールでは一二を争う廉価レンズなのだから何も言うことはない。

ただ黙って使うだけである♪



Just my way




*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2014-02-04 06:26 | AF Nikkor 50/1.8G

Naturdenkmal(天然記念物)の栗の木【D610】

「天然記念物」という語彙はドイツ語からの直訳であろうか、それはともかく

近所の大きな栗の木にそのマークが打ち付けられている。

かってはそのあたり一帯は栗の並木であったのだが

ゴルフ場造成のためほとんどが伐採され

この一本だけが残った。



Naturdenkmal


樹齢は不明だが今でも秋には栗拾いに近所の人々がやってくる。

家内は散歩でここに立ち寄ると必ずこの木に手を当てたり背中で寄りかかったりするが、

その理由は、不思議なエネルギーを感じるからだという。

地球の主人は人類ではなく植物だ、という説もあるが

斯くの如き立派な樹木を見るとそう信じたくもなる。




*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2014-02-02 02:35 | AF Nikkor 50/1.8G