人気ブログランキング |

アムゼルくんの世界 Die Welt des Amselchens 

<   2014年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

フィルムライクな【Ai Nikkor 35mmF2】+【D610】の描写

解像力が24MPセンサーに不足気味のAi Nikkor 35mmF2だが

センサー側の諧調描写の豊かさのおかげで

滑らかなイメージとなったようだ。

カリカリしないデジタル画像で実に好ましい仕上がりだ、

と、撮影者は自画自賛するのだった♪


grave in forest



*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2014-02-27 16:36 | Ai Nikkor 35/2

【Ai Nikkor 35mmF2】のメリハリある柔らかさ

銀塩ではハイコントラストでシャープと感じる描写性能のレンズであるが

高精細デジタルセンサーの性能には追いつけないのかもしれない。

しかしコントラストはそれとは関係なく善哉~

それ故にカリカリとしたデジタル臭さがなく

メリハリのある柔らかさとでもいうべき好ましい描写になった

と、撮影者は自画自賛するのだった~♪



on a sunny day




*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2014-02-26 18:30 | Ai Nikkor 35/2

【Ai Nikkor 35mmF2】と 【D610】の相性

F3HPやF100では秀逸な描写性能を見せてくれた

Ai Nikkor 35mmF2であるが、いかんせんオールドレンズである。

ゆえに最新デジタル一眼との相性はどうよ?

という疑念が湧くのも当然であろう。

前回一度だけテストした時にはまあまあの精細感であったが

今回は週末、これ一本で撮影してみた結果を報告する。

remain silent

雰囲気は善哉

がしかしシャープさに欠けるようだ、というのが結論である。

シャープネス(ニコンでは「輪郭強調」と呼ぶがこれが正しい)をほとんどかけないイメージ処理をしたゆえ

フィルムで撮影ししたものに近いイメージの仕上がりとなった。

これはこれでいいかも

と、撮影者は自画自賛するのであった~♪

がしかし、ともう一度、やはり最新のAF 35mmF1.8Gなどと比較してみたい

というデザイヤーが沸々としてくるのであった・・・・・凹凸




*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2014-02-25 03:42 | Ai Nikkor 35/2

ボツ山崩し 【Ai Nikkor 50/1.4S】編

これも前回同様の理由でアップしなかったものだが

2年以上がたってほとぼりも冷めたゆえ

ここに晴れてアップするのである♪


chai 4 u


それにつけてもこのレンズのボケの美しさよ~!♪

今となっては何故手放してしまったのか

その理由はすでに記憶の底に沈んで曖昧模糊としているのである。

再度入手すべきであろうか・・・・・凹凸?




*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2014-02-20 23:09 | Ai Nikkor 50/1.4S

ボツ山崩し 【Zeiss Ikon】編

これをボツにした理由ははっきりしている。

同じモチーフをややことなる角度から撮ったものをアップしたからだ。

2年という時間が経過してかってアップしたイメージの印象も薄れてきたゆえ

晴れてこれもアップしたのである♪


unconsciously watching




*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2014-02-19 21:19 | C Sonnar 1.5/50 T*

ボツ山崩し 【F3 HP】編之2

これはたぶんボケ過ぎと判断してのボツ山投棄と思われるが、

すでに4年近く前の事なので定かではなくなった。

しかしよく見れば、あるいは時間の経過による視点の変化により、

これもまたあり、とあらためて判断した♪


spring in dream


こんなイメージを意識して撮れるほどの技量はなく

ただの偶然の賜物ではあるにしても

偶然を呼び込むのは撮影者の深層意識である

と、撮影者は自画自賛しておくのである♪



*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2014-02-18 18:06 | Ai Nikkor 35/2

ボツ山崩し 【F3 HP】編

もう一週間以上も撮影しておらずすでに在庫は払拭してしまった凹

ゆえに迫られてボツ山崩しである。

思い切って4年前のボツ山に登ってみる。

そのころはフィルム撮影を再開してまだ間もなく

けっこうボツ山が高い~凹凸

しかし丹念に見てみると

けっこう掘り出し物がある。

当時なぜボツにしたのか

1)明らかなものもあるし

2)今となってはなぜボツにしたのか曖昧なもの

3)また誤ってボツに紛れてしまったものなどがあるが、

探すのは無論2)と3)からとなる。

今回は以下のイメージを拾ってみた♪


early spring 4


*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2014-02-17 22:33 | Ai Nikkor 35/2

色彩がついて俄然春っぽい【D610】のイメージ

光と影を強調するためにモノクロ化したものをアップしたこともあるイメージに色を戻してみた。

すると俄然として春らしい気配が漂ってきた

と撮影者は自画自賛するのであった~♪



N and lonely banch 2


*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************





モノクロイメージを以下に再録
by amselchen | 2014-02-15 18:38 | AF Nikkor 50/1.8G

間近な春を【D610】で

気温が10℃を上回る日々が続き

いよいよ春めいてきたライン低地地方である。

寒の戻りで停止していた植生の目覚めも

各所で再開し芽吹く音が聞こえるようだ。


it will be here





*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2014-02-12 18:12 | AF Nikkor 50/1.8G

F1.8を選ぶ理由【AF Nikkor 50/1.8G】

いつも書くのだが絞り開放はF1.8で充分明るくボケも善哉である。

標準レンズはF1.4が普通だがF1.8をあえて選択すること大いにあり、なのである。

かってはF2が標準レンズの二線だったが、設計製造技術が向上して

今やF1.8がそれに置き換わっている。

F1.4とF2では絞り一段ちがうが、F1.8では絞り半段の差となる。

どうもこの差が大きいのではないか?

この絞り半段の差でF1.8の方は小型軽量で価格も半分ほどにさがる、

しかし描写性能に二倍の差があるとは(わたしには)思えない。



life is beautiful


F2の時代は、F2がプロの方々の御用達だったのは、

コストの割には性能がF1.4に比してそれほど劣ってはいないこと、

つまりコスパ(いやな言い方だなあ、ちゃんとコストパフォーマンスと言え)が優秀さによるものだ。

そして小型軽量なので体力的負担が少ない、ということではなかったか?

(蛇足でいえば、これらの理由からミラーレスへと道具を変更するプロの方が増加しているようだ。
それは勿論ミラーレスにプロが使える機種がでてきたからだが。)


そしてそれらの理由は体力も金銭力も乏しい老人にとっての選択理由にもかなっている。

ゆえにわたしめはF1.8を使用するのである♪。

(蛇足でいえば、わたしめがなぜミラーレスを忌避するのかといえば、EVFがキライ、これに尽きる。
α7をスルーしたのもこの理由によるものであった凹)





*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2014-02-11 07:10 | AF Nikkor 50/1.8G