人気ブログランキング |

アムゼルくんの世界 Die Welt des Amselchens 

<   2013年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

赤の発色よろし♪ AF Nikkor 50mm F1.8G


赤の発色が実によろしい。

今までと同じRossmannフィルムを使用しているので

変わったところといえばレンズであるゆえ

おそらくレンズ性能によるものと判断する。


Untitled


このAF Nikkor 50mm F1.8Gだが

これまで使用したNikkorのなかでも

個人的には随一の描写性能である、

といっておくのである。


Untitled


すでにフィルムを換えて撮影してあるので

おいおいその結果を見ていただくことにしよう♪



*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2013-07-31 00:23 | AF Nikkor 50/1.8G

Sigmaによる「システムの破壊」?

Obal system razem z Sigma
Nadchodzi wyzwolenie...
(シグマによるシステムの破壊、それは解放・・・・)

というコピーでSigmaポーランドがカウントダウン式ティーザー広告を出していることが話題となっている。


b0148617_4212951.jpg

http://www.rewolucja.sigma-foto.pl/


そのコピーの内容とマウントの写真から

かってタムロンがもっていたアダプトールに似たすべてのマウントへの装着が可能な

アダプターシステムではないか、と予想する声も多い。

また、ドイツをはじめとして欧州各国では

いわゆる「ミラーレス」機のことを「コンパクト・システム」と命名しているので

Sigmaがミラーレス機を発表するのでは、という見方もあるようだ。

いずれにせよ、あと数日で明らかになることであるから愉しみに待つとしよう。

通例どおり、新製品に飛びついたり人柱となるのは

わがポリシーに反するので、まあじっくり拝見させていただこう。

とりあえずSD15で間に合っているのであるゆえ♪


Untitled


*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2013-07-29 04:28 | EX 30/1.4 HSM

Contax G1+Planar 2/45 T*

ついつい買ってしまったContax G1+Planar 2/45 T*である。

美しい器材である。

このカメラはAFのレンジファインダーという特殊なものである。

ファインダー内には合焦すると点灯するLED表示があるが、さてはたして

実際に合焦したのかどうかファインダーでは確認できない。

AF性能に難あり、という大方の評判であるが

前ユーザーがこのレンズに加えて21mm、90mmもあわせて使用していたようで、

広角の名玉21mmはともかく、90mmはAFがよくなけれな使用できぬであろう

と考え、とりあえず買ってしまったのである。

まだフィルムを通してもいないのでなんともいえない。





Contax G1+Planar 2/45 T*




*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2013-07-27 20:16 | DX Nikkor 35/1.8G

フィルムカメラを買い増し

D600でフルサイズへ移行どころか

真のフルサイズである35mmフィルムカメラがまた一台増えてしまった。

それが何であるかは次回に紹介することにする。

買ったばかりでまだテストもしていないからだ、

しかし見栄えは実に良いカメラである、とだけ言っておこう。

すでにほぼ終了したフィルムカメラの時代ではあるが

かっての名品を細々と愛玩する時代遅れの老人たちによって

フィルムが存在する限り維持されてゆくはずである。

昨今はフィルム全盛時代を知るはずもない若い世代にも

フィルムカメラ愛好者が増殖中であることが

意外でもあるが、まあそれが写真王国の文化の高さを証明しているわけで

まことにうれしいことではある♪



Untitled




*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2013-07-24 17:13 | AF Nikkor 50/1.8G

D600の秘かなカイゼンはあるのか

アマゾン・DEでのネガティヴなレヴューが5月2日で止まっており、

かといって好評が増加しているわけではない。

傾向からいえば発売当初は好評が多く

メカニカル・ダスト(オイル)問題の発覚と拡大により

不評が好評にとってかわり、そしてレヴュー者が減少している。

つまり購入者が減っているということか?

価格もずいぶんと落ち込んで1594ユーロになっており

発売当初と比べて555ユーロ安となった。

とはいえ買う気はない。

マイナーチェンジの例えばD600sがでるか

あるいは秘かなカイゼンがあったことを裏付けるようなレヴューが増えてくるなら

再考の余地ありだが、それまでは

F100のホンモノのフルサイズを楽しもう~、っと♪




Untitled




*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2013-07-22 19:27 | AF Nikkor 50/1.8G

旧型機と旧型レンズでまにあってます♪

SD15を導入してもう二年になるのか~

EX30mmは、SD14時代からだからもっと長命である。

このカメラとレンズの仕事に感嘆しつづけてきたものだが、

今でもその働きには瞠目する。

D7000の撮影後の手間隙を考えると

SD15は、その書き込みの鈍さを考慮しても、簡便であると感じるから不思議だ。

ものごとはすべて相対的ということである♪




Untitled



*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2013-07-19 17:14 | EX 30/1.4 HSM

光と影と翳りとフィルム


光と影が写真の核心であることは誰にも異論はなかろう。

では翳はどうか?

【陰影礼賛】を書いたのは彼の谷崎翁であったが

翳りの部分に日本文化のビミョーな奥ゆかしさを見たのだろう。

写真で翳のそのニュアンスを表現するには

もちろんラティチュードあるいはダイナミックレンジが重要なのであるが

その点ではモノクロ・フィルムがやはり秀でている。

こんなシーンでは、モノクロがカメラに入っていればなあ、

とつくづく思う。

カラーフィルムではあるが、それでもデジタルよりはましか?凹凸♪




Untitled



*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2013-07-18 00:33 | AF Nikkor 50/1.8G

フィルムの表面をなでる眼の感覚

デジタルのイメージをしみじみと眺めいる、ということは少ない。

あまりに高精細でその細部を見分けたいと思うときくらいのものか。

しかしフィルムの画像はいつまでも眺め続けたいと思うのは、

そうすることが眼に心地良いからだろう。

ボケであれ、粒子であれ、またトーンであれ

そこに写っているものだけではなく

その表面を見つめること自体が快楽と感じられる

それがフィルムの画像である。



Untitled



*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2013-07-16 22:31 | AF Nikkor 50/1.8G

フィルムの本番で当たり増殖

週末の撮影はフィルムだけであった。

デジタルの場合は二日で200枚ほどは普通であるが、

フィルムでは一本がやっとである。

つまり、シャッターを押すまでの心理的葛藤

というか躊躇がやはり、ある。

しかし当たる率、撮影者が見て納得する率は

俄然フィルムが勝る。

デジタルは練習、フィルムで本番

ということか?♪


Untitled


*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2013-07-15 22:42 | AF Nikkor 50/1.8G

フィルムに写る光と影のここちよさ

撮影時には意識しないがフィルムが仕上がってきた時に

いつも感じること、すなわち

フィルムでよかった

ということである。

つるっとしたデジタルな仕上がりとははっきりと違う

写真の世界が眼前にある。

いつまでもフィルムがあってほしい。

しかしそのためにはユーザーが消費せねばならぬ。

と、今年に入ってまだ一本しか消費していない撮影者は

悔恨と共に決意をあらたにするのであった。



Untitled





*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2013-07-12 16:34 | AF Nikkor 50/1.8G