人気ブログランキング |

アムゼルくんの世界 Die Welt des Amselchens 

<   2012年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

発色が佳いのはレンズのおかげ、それともフィルム?♪




よくまあ自転車のこの色がきれいに出てくれたものだ、と感心する。

レンズのおかげなのか、それともフィルムか悩むところだが

双方の組み合わせがよかった、ということにしておくのである。

めでたし、めでたし~♪



*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2012-11-09 05:26 | C Sonnar 1.5/50 T*

ピーカンの教会前、Zeiss IkonとiPhone




たぶんオランダ人と思われる旅行者がゴシックの教会の塔を

iPhoneで撮影していた。それをわたしが撮った。

街灯のように背が高い男なので街灯との組み合わせが面白い

と画が上がってきて思った。自分で自分の画をテクストとして読む

これも一興である。ついでに影の形もよいな、と狙いはずれの効果も

テクストを読んで分かった。

さてしかし、こうして振り返ってみると、わたしはこの男をモチーフに撮った

のだろうか、という疑問が沸々としてきたのである。

ひょっとして影が狙いだったのではないか、と・・・・・

まなざしより深層意識が撮った写真なのかもしれない。




*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2012-11-08 06:52 | C Sonnar 1.5/50 T*

ひさかたぶりにZeiss Ikon+C Sonnarを




ほぼ一年ぶりにもちだしたZeiss Ikon+C Sonnarである。

そしてフィルムはあいかわらずのRossmann、この廉価で精細な描写のフィルムは貴重である。

いつも現像とスキャンおよびCD焼付けをお願いしているラボに、

今度、ためしにRAWファイルにしてCD焼付けを依頼してみた。

結果は、BMP一画像で21MPもあった~!これをフォトショップでいじってみると

ふうむ、やや滑らかな階調になったような気がする。

しかしいつもならフィルム一本合計5ユーロですむものが、これだと8ユーロ60セントになってしまった。

いよいよ自分でスキャンする時期が近づいたことを感じる・・・・

さらに思うのは、

Zeiss Ikon+C Sonnarをもっと使おう、

このことである凸凹



*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2012-11-07 03:38 | C Sonnar 1.5/50 T*

FOVEON, 遠くまで見るんだ





そのころ、70年代が終わって80年代の初めだったか

「遠くまで行くんだ」という言葉が心に響いたことがあった。

そのせいかどうか、こんなに遠くまで来てしまった。

遠くまで見るんだ、にしておけばよかった

と今更ながら考えるのだが・・・・・





*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2012-11-06 02:22 | EX 30/1.4 HSM

FOVEONと想い出の秋





秋が早くも過ぎ去ってから光の射すこともまれになり

憧憬の中の夏の光と懐かしい色彩に満ちた秋のことなど

垂れ込める陰鬱な空の下で思う日々が近い。

光に誘われるように外へと開いていた感覚が

また自身のうちへと内向する季節には

写真撮影がどうしても億劫になるのは仕方がない。

去年は、その前の年はどのように過ごしていたものか

過去のファイルをめくると

モノクロームのフィルムがけっこう多いことに気づく。

今年も前例にしたがうことになるのだろうか・・・・






*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2012-11-05 05:56 | EX 30/1.4 HSM

過ぎ去りし秋の色をFOVEONで




十月末のある日の散歩でみつけた紅葉である。

おもに黄葉ばかりのドイツでは紅く色づく木々は少ない。

午後もまだ早いというのにすでに斜陽である、その陽を透かしてみる

葉の色合いにはすでに晩秋のしるしがくっきり刻まれているのであった。




*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2012-11-04 06:19 | EX 30/1.4 HSM

飛び去る光をせめてFOVEONで




今年の秋は例年より早く到来しそして足早に去っていった。

十月最終日曜日に冬時間にもどったのを期に

季節もちょうど冬へと突入したようだ。

幸ひにも陽が射すこともまだあるがしかし洗濯物を乾かすほどの力がなく

それも一日陽が照ることも稀である。

しかも太陽が仰角せいぜい45度といった程度の低空を舐めるように移動するだけで

つまり斜陽といった雰囲気なのである。

それでも陽が射すだけでもありがたいと思わねばならぬ

そういう季節にまたもどってしまったのである凹凸





*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2012-11-03 06:43 | EX 30/1.4 HSM

木々たちの交感を聞くFOVEON





沈黙する季節を前に木々たちが交感してるその気配を

FOVEONならちゃんと聞くことが出来る。

と感じるのはかってな思い込みだろうか?

いずれにせよ感覚とは主観的なものであるからどうでもかまわない、

しかし画になって表象されたものを読み取るためのそのデータをきちんと提示できる

それがFOVEONの優位点ではないか?




*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2012-11-02 03:03 | EX 30/1.4 HSM

遠ざかる秋の足音とFOVEON





まさか写真機で音を拾うわけにもゆかぬが

しかし昨今のデジタル一眼にも動画機能がついているとかで

マイクロフォンもついて収音もできるらしい。

まあ、余計なことをするものである。そういう需要が多いのか

わたしにとってはどこかちがう宇宙のことのような気がする。

そうした変な機能をぶら下げていないSD15が実に好ましい。

そして静画の中に秋の音を聞く目をもちさえすれば動画など

必要としないのは無論であろう♪




*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




by amselchen | 2012-11-01 05:48 | EX 30/1.4 HSM