人気ブログランキング |

アムゼルくんの世界 Die Welt des Amselchens 

<   2012年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

寥廓と寂寞

寥廓とは、広々として大きいさま。

寂寞とは、ひっそりとして物寂しい様子


ガラーンとなにもないところにいて淋しい、ということである。

世界の中で行き場のない忘れ去られた存在としての自己を確認する時に用いる。

わたしめは、若き頃よりそのような感覚にとりつかれてここまで生きてきたし

このまま生きてゆくであろう・・・

ナ~ンチャッテ~♪







*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>




*******************************************************************




by amselchen | 2012-01-31 03:55 | EF 50/1.8II

若きウッディ・アレン

チャリンコくんを広角的に撮ったら

若きウッディ・アレンがごとき若造が写っていた。

デジタルならすぐ気づいたのだろうが

フィルムでは上がってくるまでわからない。

これがフィルムの面白さ、このことである。






ついでに若きウッディ・アレンを貼り付けておこう♪










*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>




*******************************************************************




by amselchen | 2012-01-30 05:49 | EF 50/1.8II

とはいえやはり

機材によって、とくにレンズによって描写に違いがある

またそれゆえこそレンズをとっかえひっかえして遊ぶ理由もある

このことである。

この画の水面の描写はやはりライカだなあ、と思わずにはおれぬ

そして露出にナーヴァスなところもライカである。

ライカ・レンズは、ライカのPモードおまかせで撮るのがやはり

よい結果をもたらすようだ。

ちなみにこの画を含む一本のうち半数近くは露出不足、ピンボケであった~凹

次回は、R7をもちだそう♪








*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>




*******************************************************************




by amselchen | 2012-01-29 03:12 | Elmarit-R 28

苦節三年(爆)甲斐あって

本格的に写真撮影にのめりこんで、そうねえ三年ほどになりますか

当初は機材によってでてくる画に大きな差がありました。

つまり機材に振り回されていた、と。

ところが最近ふと感じたのは

どの機材で撮影してもでてくる画にそう大差がなくなってきた

つまり、やや自己のスタイルが機材の性能差を覆うようになってきたのかも知れぬ


このことであります。


少しうれしい早春を迎えられそうだぞ~♪


という自己マンゾク、自己ギマンか・・・ぶつぶつ









*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>




*******************************************************************




by amselchen | 2012-01-28 04:52 | EF 50/1.8II

ライカキラーとしてのZeiss Ikon

いったいどれほど売れたのかは知らないが

けっしてライカほどの評価はうけていないであろう

がしかしこのカメラの操作性がライカに劣るとは思えない。

M3と比較すればシャッターの感触と音がややどうもなにだが、しかしM6よりはずっといい。

またこのレンズが素晴らしいぞ~!F1.5と、あえて旧コンタックス・ゾナーを躊躇したその姿勢も、性能も善哉~!

と、いまさらながら Zeiss Ikonへのオマージュを贈るのである。

ツァイス・スペシャリストの竹田正一郎氏はその著書『ツァイス・イコン物語』で以下のように書いておられる、

「超高級機なのに価格は中級機の設定だが、これはツァイス・イコンとそのレンズ群の抜群の性能を、できるだけ多くの写真愛好家に経験して欲しいというカール・ツァイスの強いポリシーで決まった。」

のだそうだ。

実を言えば、この一句をみて購買を決定したわたしめであった♪


しかしまさに言いえて妙、購入をお迷いの方がおられるなら、是非にも、と背中を押すのである。

使用して一年とちょっと、ヒジョーにマンゾクが行く機材である。

こんなカメラを生産できるコシナさんの企業力も善哉~!






ちなみに、竹田氏の書名のツァイス・イコンとはカール・ツァイスのカメラ生産部門のことでその工場はドレスデンにあった。東西分裂後は、ペンタコン人民公社と改名して生産を続けたが東西ドイツ再統一とともに消滅した。

本来なら、このカメラ、コンタックスの名前で販売したかったカール・ツァイスであるが、そのブランド名は京セラが死蔵して放さないので、しかたなくツァイス・イコンの名前で世に出たのである。

京セラのバカ~!










*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>




*******************************************************************




by amselchen | 2012-01-27 18:21 | C Sonnar 1.5/50 T*

先行き明るい


フジフィルムが、いきなり日本でのX-Pro1の発売日をリリースした。

しかも日本語スペシャル・サイトも同時リリース~!

2月18日発売日、希望小売価格は「オープン」になっているが、ボディ15万円といわれている。

しかし米国では1300ドルになりそうなので、たぶん実際には10万円前後になるであろう。

英国市場は、どの産業でも米国とドッキングしているので米国と同じ価格で同時期に販売開始であるが、

欧州では3月の発売である。日本本国に追い抜かれてしまった~

買うかどうかは店頭で手に持って操作性などを確認してから迷うので

今はとりあえず成り行きを見守るだけなのだが

現況のようなユーロをめぐる状況では日本製品は売りにくかろうね・・・ぶつぶつ

まずはとりあえず今あるSD15で愉しくもない風景を撮ってお茶を濁すばかりである凹凸










*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>




*******************************************************************




by amselchen | 2012-01-26 16:30 | EX 30/1.4 HSM

蔭から


ないものねだりだが冬にも光が欲しい

東京・関東地方ではあたりまえのことがここライン低地地方では

しかし希少価値なのである。

たとえ空っ風に身を凍えさそうとも

晴れた空を仰ぎたい。

そして蔭の中から仄見える何かを見つめていたい・・・

やはりないものねだり

このことである凹凸







*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>




*******************************************************************




by amselchen | 2012-01-25 20:13 | Elmarit-R 35

空のなかの実り




<空>といい<無>ともいう

言葉にしてはならない<タオ(道)>ともいう

そういう何かの中に

満ち足りたものを感じることができる

それがわたしの究極の目標なのである

旧暦のお正月を迎えて

あらためて思った♪




*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>




*******************************************************************




by amselchen | 2012-01-24 03:45 | C Sonnar 1.5/50 T*

光まつ日々

年が明けてからほとんど撮影していない。

曇りや雨の日が続くからである。

本日23日は、旧暦の元日である。

シナ文化地域すなわち「中国」本土、香港、台湾、ヴィエトナム、コリア、南洋各地および世界各国にある華人エリアいわゆる中華街では、餃子を食し(最近は火鍋をかこみ)、爆竹を鳴らし、獅子舞をして年越しをする。

これを称して<春節>という。

恭喜發財~!(銭儲けおめでとう)といって祝う。

これから春になり、光射し、影と戯れ、撮影も愉しくなる

その季節を待つ日々である♪








*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>




*******************************************************************




by amselchen | 2012-01-23 03:52 | AF Nikkor 50/1.8D

光が普通にあればよし





ここ数日は乾燥した冷え込みから一転して

やや温かいものの雨降りの毎日である。

寒くてもいいから陽射しが欲しい

このことである♪


それにつけても

天気の話ばかりするようになったら

老いた

ということなのであろうね凹






*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>




*******************************************************************




by amselchen | 2012-01-22 04:08 | C Sonnar 1.5/50 T*