アムゼルくんの世界 Die Welt des Amselchens 

<   2011年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧

たとえその身は




結廬在人境 (繁華な街中に住んではいても)

而無車馬喧 (車馬がうるさいとは感じない)

問君何能爾 (よくそんなことができるもんだね、と人が問う)

心遠地自偏 (こころが遠くにあるので地もおのずと辺鄙になるのだよ、と答えた。)


さしずめ、小物の仙人は山に隠れ、大物の仙人は繁華街に潜む、ということらしい。

このプラタナスには大仙の気風があるかの如しであります♪

見習いたいなあ、と思ったのであります。凹凸


さて、また旅に出ます。一週間後にまたお会いしませう。











*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら

NEW!! >>>
Fluidr <Amselchen>




*******************************************************************




[PR]
by amselchen | 2011-01-27 09:04 | C Sonnar 1.5/50 T*

RFでバードウオッチング




マクロとバードウオッチングは、レンジファインダー・カメラが苦手とするフィールドである。

がしかし、ちゃんとできるではないか!

バードウオッチングが~!♪



*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら

NEW!! >>>
Fluidr <Amselchen>




*******************************************************************




[PR]
by amselchen | 2011-01-26 07:10 | C Sonnar 1.5/50 T*

しんとした冬の庭




 「庭は夏の日ざかりの日を浴びてしんとしてゐる。…… 『豊穣の海』完。」


これは三島由紀夫の絶筆であった。

この一節をあの事件のあとすぐ出版された『天人五衰亡』で読んだのは高校生の時分だった。

無常観にとらわれた若い自分がいまや懐かしく感じる歳月が過ぎ去った。

冬の庭がしんとしているのは、まあ、あたりまえだ。

しかし、日ざかり、という冬の現象があたりまえの関東地方に住んでいたころは

いかにしても想像がつかないのだが、

ドイツの暗く閉ざされた冬の空からはまったく陽がささないのだった。

季節に関わらず「陽射し」というものは、われわれ地球世界の命の根源であるから

それが虚しいと感じるのはある種の鬱屈したキモチには違いない。

冬の蓋のその向こうには、やはり虚しく陽がさしているのだろうか?

しんしんと陽の差す初冬の故郷で感じていたのはドイツの家に住む家族のことであった。

それがわたしにとっての太陽にほかならないからであろう。










*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら

NEW!! >>>
Fluidr <Amselchen>




*******************************************************************




[PR]
by amselchen | 2011-01-25 06:51 | C Sonnar 1.5/50 T*

うなだれる日々




タイトルのとおりでございます。凹凸



*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら

NEW!! >>>
Fluidr <Amselchen>




*******************************************************************




[PR]
by amselchen | 2011-01-24 03:53 | C Sonnar 1.5/50 T*

注意すること多すぎて




中年から初老にかけて注意すること。

1)中年というカテゴリーにこだわらない
2)自分だけはまだ若いとは思わない
3)老いを素直に受け入れる

けっきょく同じことをいってるのだが・・・

わかっちゃいるけどねえ、とお考えの諸君、

時の流れは相対的であるからといって
自分だけは特別だ、とは決して思っちゃいけません。

時はその取り分を確実に奪ってゆくのであります凹

思いもかけず路肩からすべりおちたりなさりませぬように♪







*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら

NEW!! >>>
Fluidr <Amselchen>




*******************************************************************




[PR]
by amselchen | 2011-01-23 04:36 | C Sonnar 1.5/50 T*

関東地方は今日も晴れでせう





冬の冷たい空っ風が吹いても、

晴れてくれさえすれば

気分がいい。

そんな故郷の冬が

恋しくてたまらぬ。


古い綿がごとき厚き雲に

閉ざされた空の蓋、

雨、霙、雪

そのうちもっと不吉なものが

降ってきそうな雲行きをながめ

しみじみ関東地方の冬を懐かしむのであった。



*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら

NEW!! >>>
Fluidr <Amselchen>




*******************************************************************




[PR]
by amselchen | 2011-01-22 02:04 | C Sonnar 1.5/50 T*

見上げれば哀しみあふれ




その日は、入院してから八週間めの父の容態が

いよいよおもわしくなくなった翌日だった。

前夜病院に泊まったわたしのかわりに

弟が病院につめてくれるというので

わたしは早めに帰宅した。

途中ふと古代ハスで有名な公園に立ち寄った。

一番日当たりのいい、いつものベンチに腰を下ろし

柔らかな陽射しを顔に浴びながら目を閉じていた。

ふと見上げると

青い空からしんしんと降り注ぐ

慰めとも、いたわりとも思える

誰かの哀しみが

わたしに沁み込んで来たのだった。

あとになってみれば、それは父の末期の日の

一日前にあたっていた。





*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら

NEW!! >>>
Fluidr <Amselchen>




*******************************************************************




[PR]
by amselchen | 2011-01-21 03:24 | C Sonnar 1.5/50 T*

気分を変えてもういちど♪

だったか、あるいは

「気分をだしてもういちど」

だったか、たしかジュリー・ロンドンがそんな唄を歌っていた。

さて英語のタイトルはなんであったのかも思い出せない。

あれは思春期のころニキビ面で

そんなませた唄にドキドキしていたのだった。

それをまた聴きたくて検索してみたが

しかしどうにもその唄がみつからない。こっちの勘違いであったのか。

しかたがないので、これを




でもって、気分をかえてなのは・・・
[PR]
by amselchen | 2011-01-20 01:32 | C Sonnar 1.5/50 T*

パワースポット




故郷のここはパワースポットであろう。

ここはいつも明るくそして

元気がわいてくる場所だからである。



*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら

NEW!! >>>
Fluidr <Amselchen>




*******************************************************************




[PR]
by amselchen | 2011-01-19 07:50 | C Sonnar 1.5/50 T*

抽象画はすてきだ!♪




ダリとミロをたして割ってそれから色抜きをした・・・

かにも思える・・・
[PR]
by amselchen | 2011-01-18 05:14 | C Sonnar 1.5/50 T*