人気ブログランキング |

アムゼルくんの世界 Die Welt des Amselchens 

<   2010年 05月 ( 59 )   > この月の画像一覧

軟調もいいとこ





コントラストはどうした、といいたくなるほどの軟調もここに極まれる出来なのであります。いつもこんなだと飽きるかもしれなねえなあ、と硬派の自分がぼやくのであります。♪



*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら


*******************************************************************
by amselchen | 2010-05-10 01:20 | Planar 1.4/50 T*

ナンパな男とみまがう




画が軟調なせいか人も柔らかくみえてしまう。これで85mm Planarがポートレート向き、という話も納得が行くのである。それが欲しくなってくるのである。遺憾なのであるww



*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら


*******************************************************************
by amselchen | 2010-05-09 19:04 | Planar 1.4/50 T*

色彩への渇望


City hall, Duisburg



この軟調のローコントラストの描写にはやはり色彩が必要なのかと思う。AriaのPモードのせいだろうか?たぶんそうだろうと思われる。カメラ・モードが勝手に好みの画作りをしているのだ、ふうむ・・・
Ariaよ、お前は主観的な「女性の好み」に媚びていないか?遺憾ではないか!(~-~;)ヾ(-_-;)



*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら


*******************************************************************
by amselchen | 2010-05-09 06:03 | Planar 1.4/50 T*

ナンパなプラナー


City hall, Duisburg


前回のエントリーへのKoukoさんのコメントでPlanarのほうがお好きとのこと、F3+Ai 35mmF2との描写の違いを自分でも考えてみました。結論は、

Aria+Planar=繊細、明晰、軟調、女性的

かたや

F3+Ai 35mmF2=粗野、ダイナミック、硬派、男性的

という単純な比較に行き着きました。

今回のエントリーでもAria+Planarのナンパぶりが窺えると思います。

まあそういう描写特性を知りつついかに使い分けるかということでしょうね。♪



*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら


*******************************************************************
by amselchen | 2010-05-08 19:29 | Planar 1.4/50 T*

北斗のドイツ・シュービズム

City hall, Duisburg


以前、<ドイツ的な、あまりにドイツ的な>でエントリーした市庁舎のファサードを、ちがう機材で撮りました。

左がフランク王国の創立者で紀元800年ちょうどにローマ教皇から皇帝の冠を賜ったカール大帝、右はいわゆる「カイゼル髭」で有名なドイツ帝国皇帝(カイザー)ウィルヘルムII世です。ドイツ・シュービズムの極北です。



*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら


*******************************************************************
by amselchen | 2010-05-08 02:15 | Ai Nikkor 35/2

メルカトールの憂鬱

City hall, Duisburg


メルカトール図法による世界地図にその名を残すGerhard Mercatorは現在のベルギーはフラマン地方の出身でした。ご存知のようにそこはオランダ語地域ですので、通常オランダ人と見なされています。
本名は、Gerard De Kremer、ドイツ語名はGerhard Krämerでした。

彼はこの土地に1552年から1594年まで住みました。それは彼が40歳から82歳にあたりますが、82歳で亡くなったのでこの土地が終焉の土地となりました。

メルカトール図法は1569年にこの土地で発表されました。つまり彼はこの土地の誇りなのです。よって彼の銅像は市庁舎の前の泉の上に高々と立って世界を見下ろしているのです。

しかしその表情はあまり愉快そうではありません。何が彼をしてそれほど憂鬱にしているのでしょうか?世界を視るということはたしかにそれほど心躍るものではないでしょう。それでもジッと世界を凝視する、その言い知れぬジョーネツが人をして何事かを為さしめる源泉なのかも知れません。



*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら


*******************************************************************
by amselchen | 2010-05-07 15:54 | Ai Nikkor 35/2

目覚めの裏側

City hall, Duisburg


くだんのイヴ像ですが、別の角度からねらうとこんな表情をしていました。目覚めた、というより目覚めさせられた性感というか愛情というか、欧州ではどちらも同じ事ですが、さらには生きることそれ自体への畏れさえ感じさせる表情なのでありました。どんなゲージュツ家が創作したのか知りませんが、けっこうやるもんだなあ、と感心したのであります。♪

ついでに別角度のアダムも・・・
by amselchen | 2010-05-07 01:32 | Ai Nikkor 35/2

威風堂々たれ

Salvatorkirche, Duisburg



いつのことからか、たぶん戦後なのだろう、わが国民の概念上、欧州を代表すると見られる国がドイツからフランスへと変容した。つまり戦争中の同盟国であった軍国主義・ナチズムよりは文化国家、シャンソンとゲージュツの国が好ましいというイメージ転換が故意に実施されたものと思われる。

明治以来、近代化という欧米化に邁進する中でドイツを、とくにプロイセンを手本としてきた国家モデルが破産して、そのアンチテーゼとしてより軟弱な自虐的なモデルとしてフランスを選択した心算だろうが、それは誤解である。フランスは自己中心的で打算的で国家意識の強いそして核武装を含む強力な軍事力を有する国なのである。

いつものべることだがドイツとフランスは双生児姉妹のようによく似ている。日本が勝手に自己のイメージを投影したところで現実はいつもそれを裏切るだろう。フランスに学ぶなら大は国家から小は国民個人に至る合理主義というその根本精神を学べ。

戦後占領政策により背骨を打ち砕かれ自虐に閉じこもり、ついには現総理のような幼児的な男に容易に混乱させられるほどに精神が薄弱化してしまったとはいえ、日本が終わってしまったわけではない。欧州を見習えとはいわないが、その石の文明、つまりは意思の文明のその威風に吹かれて頭を冷やし砕かれた背骨を修復する機会が今なのである。




*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら


*******************************************************************
by amselchen | 2010-05-06 16:42 | Ai Nikkor 35/2

鉄の虎馬






*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら


*******************************************************************
by amselchen | 2010-05-06 03:33 | Ai Nikkor 35/2

見上げれば新緑

City hall, Duisburg


この塔の下は通り抜けられるようになっていて、その通路の入り口の左右に全開のアダムとイヴのレリーフがあります。その二つ並んだ様子を撮ってはみたのですが出来が悪いのでアップいたしません、撮り直しです。ww



*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら


*******************************************************************
by amselchen | 2010-05-05 23:49 | Ai Nikkor 35/2