人気ブログランキング |

アムゼルくんの世界 Die Welt des Amselchens 

2008年 10月 27日 ( 3 )

そうそう、それでも昨日は陽も差して


おだやかな週末ではあったのです。そして夏時間の最後をいろどるこんな景色もみせてくれました。


b0148617_5183932.jpg



上海でもわたしを慰めてくれたプラタナスの並木。日本語では「鈴懸けの木」。

大きく枝をはって夏は日陰をつくってくれる並木が、このころは美しく彩り、逝く季節をはげましているかのよう。


b0148617_10392951.jpg



パリの並木は激しく刈り込んでいて、それはそれで美しくはあるのですが、こちらでは自然と枝をのばさせているようです。


夏は緑のトンネルだった並木の木々が黄色くなってゆくのを、秋の長雨のなかで眺めていた上海の旧フランス租界。

あのころは、まさか自分がヨーロッパで暮らすことになろうとは考えてはいませんでした。


b0148617_10402317.jpg



そんなことまで思い起こさせるプラタナス。

わたしの一番思い入れのある植物のひとつです。
by amselchen | 2008-10-27 05:20 | ZD25 Pancake

せめて花でも


前回、つい鬱陶しいものをお見せしたので、今回は罪滅ぼしに、花でも。


b0148617_45082.jpg



以前にも紹介した家の庭の隅に咲く「キク」のようなものですが、マクロで撮ってみました。手持ちだったのでややブレてしまいました。

こうして間近にせまった冬をむかえ、なんとか明るいものを撮影してゆきたいとは思っています。


そしてこれからはいよいよ野鳥撮影の季節の到来です。

今年はE-520があるので楽しみです。とはいえレンズはKマウントのタムロン70-300mmを使用するだけなのですが、でもまあZD70-300とそう大差はないはず、と踏んでいるのです。

たとえ暗いレンズでも600mmの焦点距離がどれほどの力を発揮してくれるのか。まあ庭に来る野鳥たちなら十分いける、とは思うのですが・・・

まあ、ポジテイヴに考えましょう、何事も、ね。
by amselchen | 2008-10-27 04:06 | Tamron SP90 2.5

はじまった冬時間


といっても、夏場一時間すすめていた時計の針をもとにもどしただけなんですが。いわば冬時間が本来の時間。

この日、十月最後の日曜日、夜中の三時に針を二時にもどすのだとか、というのはそのころに起きていて時計を眺めていたことがないので、どうもそうらしい、と知るのみなのです。

朝起きたら、電波時計もPC内の時計もちゃんと一時間遅くなっていました。

それでもそれは季節の移り変わりの表徴であるわけで、「ああ、いよいよか」、という感慨をもつのです。そして毎年くりかえすことながら、冬時間っていやなもんですね。

だって、こんな天気がつづくのですから、まあみてください下の画。

b0148617_3444231.jpg


これが今日の午後四時半くらいのようす。今日は朝からずっと曇り時々雨、という天気でした。

それでも一日中家にこもっていても仕方がないのでいつもと同じ時間に撮影散歩にでました。

しかしAモードで絞り開放にしても1/40秒、それじゃあブレて画は撮れません。しかもWBは「曇り」、それでも不自然な色。

そこでSモードにして1/100秒、F値が点滅して警告するのを無視して、しかし露出補正を2/3あげて撮りました。これで見た目と同じ色になりました。

しかしその色たるや、こんな鬱陶しいものなんです。


b0148617_4572596.jpg




ううむ、これから半年の暗い季節をどうしてうっちゃって暮らそう、それがこの地に住む人々の頭の大きな部分を占めるテーマなのです。

・・・嗚呼・・・(最近、ため息ばかり・・・)
by amselchen | 2008-10-27 03:46 | DA40 F2.8 Limited