人気ブログランキング |

アムゼルくんの世界 Die Welt des Amselchens 

視線の交錯


もう十年近く老眼と乱視に悩まされ、裸眼では読書も遠景を眺望することもままならない。

少年のころよりやや遠視気味でやたら遠景の細部をとらえるのが得意だったがもういけない。

そして近景の細部がこれまたいけない。もうただただ茫洋として大ぼけなのである。

しかしカメラレンズには望遠とマクロというものがあって、裸眼はもちろん、眼鏡ではカバーできないヴァーチャル世界が開けた。

それも撮影をはじめて得た利点であった。


とくにマクロ・レンズを手に入れてから、またLeica Elmarit 60mmという清冽なレンズの力により、不思議な世界に踏み入れることになった。


b0148617_542854.jpg



もっとこの世界に深くわけいりたいのだが、E-520のファインダーがいかにも使いにくい。三脚でライヴヴューもいつもいつも可能ではない。

これも替えカメラを欲しい理由の、しかも強力なひとつである。これは以前も述べたかもしれない。

目ばかりではなく、記憶もかなりあやしくなっているのだ・・・嗚呼

それにしても、マクロの世界で言えば、花々の微細な深奥も興味深いが、昆虫たちの視線がいい。

こちらをジッとみる者たちの視線とこちらの意識の視線を交錯させるのは、なんというか世界そのものと見詰め合っているのではないか、という厳粛な心持になるからである。
by amselchen | 2008-11-22 05:07 | Macro-Elmarit-R 60