人気ブログランキング |

アムゼルくんの世界 Die Welt des Amselchens 

記録と記憶


写真にはもちろん記録する、という機能があるのですが、しかし往々にしてその記録されたものが記憶とことなっているのはどういうことでしょうか?

人の記憶はあやふやで、写真の記録が正確だ、というのがジョーシキ的判断でしょうが、はたしてそうでしょうか?

写真が記録したはずの形象が本質を表しているとは限らず、記憶の中の印象にこそ真実が宿っている、ということも人間にとっては正しいと思います。

ただ、人間そのものが往々にしてして心理的、無意識的な存在であることを考慮にいれての話なのですが。


b0148617_6342128.jpg



夏の間、元気に咲いていた花々ももうひっそりと姿を消してゆこうとしています。

写真に撮ったその姿には植物学上の意味などありませんが、やはりその時のわたしの心象がよく反映されているのかもしれません。

肉眼で見る風景がすべて心象風景であるのと同様に、写真に撮られた現象世界もまた撮影者の心象を映し出すだけなのかもしれません。
by amselchen | 2008-09-25 06:35 | Pancolar 1.8/50