アムゼルくんの世界 Die Welt des Amselchens 

タグ:C Sonnar 1.5/50 T* ZM ( 132 ) タグの人気記事

光と影のあるなしの比較 【Zeiss Ikon】

ドイツの冬は基本的に光も影もない世界である。

ここに住む人々が春を待ちわびる気持ちとは

すなわち光に対する憧れなのだ。

今回1本のフィルムを撮影し終えるのに半年もかかり

冬と初夏までの季節が写りこむ結果となった。

このようなどんよりとした光景が続く日々と


one winter afternoon


下のような光と影の戯れを楽しむ日々が


along wall


同じフィルムに写りこんだことこそ

銀塩カメラの醍醐味であろうか?

次回の撮影も斯くの如き結果になるのだろうか・・・・・


まだどのカメラにもフィルムが通されていない凹凸







*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




[PR]
by amselchen | 2014-06-22 18:54 | C Sonnar 1.5/50 T*

久方ぶりの【Zeiss Ikon】

昨年暮れにD610を導入して以来、銀塩カメラもちだしがめっきり減った。

Zeiss Ikonでフィルム1本撮り終えるのに実に半年費やしたのである凹

one day in winter

ゆえにそこに写った光景は冬のものが多かった。

これもフィルム撮影の醍醐味であろうか?



*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




[PR]
by amselchen | 2014-06-14 19:41 | C Sonnar 1.5/50 T*

Zeissで見るドイツの街並み

いつもの街並みもZeissレンズを通してみるといかにもドイツに見える。

Nikkorでもそうだろうか?とつらつら思うに

やはり違うように感じるのは

写真を見る時ばかりではなく

撮影時においても撮影者に特別な意識が作用するからだろうか・・・・?

あるいは潜在意識にある特別な思いが知らずに影響するのだろうか・・・・?

結局は、写真とは意識と潜在意識の共同作業なのである。

その塩梅はさて、われわれに知るすべもないのではある。



Untitled



*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




[PR]
by amselchen | 2013-05-15 20:23 | C Sonnar 1.5/50 T*

レンズフレアもまたよろしC Sonnar




こんなフレアがでるほどの強い光があってくれて

ありがたい冬の日であった。

あれからみつきがたち

さっぱり日の目を見ない日々である。

今降り続く春の雨はやさしいのではあるが

撮影には不向きなのであった~凹凸







*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




[PR]
by amselchen | 2013-04-13 05:54 | C Sonnar 1.5/50 T*

ノスタルジックなヒッピー文化とZeiss Ikon




最近良くみかけるのがハンドルに造花をあしらったチャリンコ、

おそらく60年代のヒッピーが老いて昔を懐かしんでいるのであろう。

あるいは新進で跳ね上がりのエコ派でもあろうか~。

いずれにせよ美しい装飾とはいえまい。

そんなものがないほうがチャリンコくんは幸せなのではないか、

といらぬせっかいも言いたくなる。

とまれ、がしかし、わがZeiss Ikon+C Sonnarの組み合わせも

かなり懐旧的な味わいが売り物の機材ではあるな、

と気づいたのであった。

馬齢を重ね過去のことばかりが美しく思えるのである凹凸♪



*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




[PR]
by amselchen | 2013-04-11 21:53 | C Sonnar 1.5/50 T*

忠犬ハチ公を思わせるチャリン公をZeiss Ikonで





物陰に健気にたたずむチャリン公である。

こうしてひたすらご主人様のお帰りを待つその姿に

忠犬ハチ公の姿が彷彿とするのであった。

そういえば、渋谷駅前は今どうなっているのか

その昔、その人と待ち合わせた頃が無性に懐かしい

このことである凹凸




*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




[PR]
by amselchen | 2013-04-10 19:04 | C Sonnar 1.5/50 T*

古いものへの愛惜をC Sonnarが




何時の時代のものか知らぬほどの古い消火栓が立つ繁華街に

あまり人気の無いラボ兼写真用品店がある。

立地条件がよすぎて家賃が高いのだろう、それがすべての価格に反映していて

あまり贔屓にはしたくない店である。


それでも維持できているのはきっと他所の人、観光旅行者などの

一見さんがけっこう入店しているのかもしれない。

他人事ながらそれを嘉したい。

ポスターは、デジタルで撮った画をすぐにプリントします

といったものであろうが、これはあらゆるスーパーやドラッグストアに

設置されているので珍しくも無い。

こうしていよいよフィルムは肩身が狭くなってゆくのだ。

それゆえ愈々フィルムへの愛着が増すのである♪




*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




[PR]
by amselchen | 2013-03-24 19:33 | C Sonnar 1.5/50 T*

目に心地よいアナログ世界をZeiss Ikonで

Untitled


昨年末から撮り終えていなかった一本が現像スキャンを終えて手元にきた。

光のない冬の情景モチーフばかりなので期待はしていなかったが、

仕上がりを見ると灰色の世界もまあそれなりに善哉

と思えるものだった。

レンズのおかげかフィルムのおかげが知らない、

おそらく両方であろう♪

いずれにせよギスギスしたところないアナログ画像に

ほっとするではないか

と自画自賛しておくのである♪




*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




[PR]
by amselchen | 2013-03-23 01:00 | C Sonnar 1.5/50 T*

ボツ山崩し Zeiss Ikon編 春の影





フィルムはエクターだったので街路樹の細かい枝がしっかりと描写されている。

原寸拡大にしてみても破綻はない。

まるでデジタルで撮影したようだ、

と自画自賛しておくのである~♪




*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




[PR]
by amselchen | 2013-03-17 03:28 | C Sonnar 1.5/50 T*

ボツ山崩し Zeiss Ikon編 春の光景




去年の三月だったと思うがKodakのEktarには驚いてしまった。

その高精細な微粒子にであること無論である。

この画ではモノクロ化したため建物の壁の描写がより際立った、

と思うがいかがであろう?

しかしその後、廉価なRossmannでもかなりの高精細な画が撮れることに気づき

Ektarにはご遠慮してもらうことにした、なにしろ価格がRossmannの10倍近くするのだ。

とはいえ、フィルム在庫を確認したらまだ一本残っている。

春の進捗が進み光と影がより明確な日々となったら

このおそらく最期の一本のEktarを持ち出すはずである♪




*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




[PR]
by amselchen | 2013-03-14 19:06 | C Sonnar 1.5/50 T*