アムゼルくんの世界 Die Welt des Amselchens 

<   2015年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

まだ健在なNEX-3♪

ほとんどもちだすことのなくなったNEX-3だがちゃんとまだ健在だ。

もともとはアダプター使用専門機としてゲットしたものだが

アダプター遊び用のオールドレンズを陸続と手放してしまい

遊び自体にも興味を失った凹

いまNEX-3にはSigma 19mmF2.8が着けっぱなしである。

ほんとは30㎜が欲しかったのだがその時は売り切れで

あまり好みとは言えない28㎜相当の19㎜を買ってみたのだった。

案の定持ち出すことがなくなった。

無駄な投資だった。

とはいえ惜しくもない廉価ではあったが・・・・♪


Friseur DejaVu, Duisburg, Germany


今回は珍しく街撮りに持参したのだが

撮ったのは数枚で、そのほとんどが理容店内でのものだった。

28㎜のイメージでも1:1にトリミングすれば広角も目立たず

まあ好みの画角に見えるから不思議だ。

30㎜ならどうだろうか?

これも廉価で描写性能の高いレンズらしいのでちょっと逝ってみようか

とも思案中なのである。






*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




[PR]
by amselchen | 2015-02-14 19:36

【Ai Nikkor 24mm F2.8S】の描写に惚れる

Ai Nikkor 24mm F2.8Sをゲットしてみた。

元来、あまり広角は好きではないのだが

どこかで、このレンズ、ZeissのDistagon 25mmF2.8T*に匹敵する描写性能である

との記事を読んだことがあり、それが潜在意識のどこかに引っかかっていた

それがふと顕在化したということか。


daytime moon over Düsseldorf


広角は35㎜で充分と考えているので28㎜さえ使う事もないが

いきなり24㎜は使い方がよくわからぬ凹

しかし撮ってみてわかったが以前ヤシカML24㎜F2.8をもっていて

Ariaだったかで撮影したところまるで別人が撮ったような違和感があり

それ以来24㎜は遠ざけてきたのだった。


a street in Düsseldorf


しかしこのレンズの描写は好みである。

ハイコントラストでシャープ、いかにもニッコールらしいレンズである。



上の二枚は駐車場の屋上から俯瞰したものだが

下に降りてこんな広告を見つけた。

We are waiting for you Diana


うんと近寄ってもまだ背景が画面に入るところがいかにも24㎜らしい♪

広角好きな人の気持ちが少し理解できたようだ。

ついでにDianaの動画も貼っておこう








*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




[PR]
by amselchen | 2015-02-03 02:58 | Ai Nikkor 24/2.8S