アムゼルくんの世界 Die Welt des Amselchens 

カテゴリ:EF 50/1.8II( 17 )

EOS 7s の「使いやすさ」




最近日本国内から取り寄せた<CAMERA magasine>16号に、わがCanon 7sについて

(わたしのものは視線入力AFなしのもので英米向けの名前、EOS Elan7nをもつ)

この、キャノンでは最期の中級フィルム・カメラは、

「ハイ・アマチュア向けで使い勝手のよい機種」とあった。(同誌40ページ)

ロー・アマチュアなわたしめであるが、この「使いやすい」とはいかなる定義か、

と大いに疑問をもった。

大きからずかといって小さすぎず、

重からずかといって軽すぎず

しかももちやすい、という点では大いに使いやすい。

しかし、EOSに伝統的に存在したON/OFFスウィッチの位置とか、シャッター感覚のトロさとか

ヒジョーに使いにくい点もままあるのである。

今日はどれをもちだそうか、と悩む時

AFフィルム・カメラ、という同じ土俵で選択する場合、

やはりF100を選んでしまうことが多いのは、

ON/OFFスウィッチの位置の合理性とシャッター感覚の良さなのである。

そしてこれが今のデジイチにおいても変わらないNikonとCanonの大きな差異であろう。

写りは悪くないのにまことに残念なことである。

しかしEOS 7DあたりからCanonもこれには気づいているようで

5DIIIでは、それまでのまったりした操作感がカイゼンされているという。

次に出る廉価版においてもその操作性が維持されることを期待するばかりだ。











*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>



フォト News From Germany




*******************************************************************




[PR]
by amselchen | 2012-06-13 16:05 | EF 50/1.8II

廉価版フルサイズに装着したいEF40mm F2.8 STM

EF40mm F2.8 STMというCanonの新レンズに注目している。


b0148617_1434320.jpg


- 全長22.8mm
- 重さ130グラム
- ガラスモールド非球面レンズ1枚を採用
- 7枚羽根の円形絞り
- 最短撮影距離は0.3m

と、<デジカメinfo>さんが伝えている


EFレンズなのでAPS-C用ではなくフルサイズ用なのである。

つまり、廉価版フルサイズ登場の露払い、ということであろう。

もちろんわがElan 7nにも装着できよう。

Canonrumorsには、EF 50 f/1.8 II との比較がでていた


b0148617_2402321.jpg



やはりパンケーキという名前に相応しい薄さである♪



さて、Canonの画は、よくもあしくも<きれい>なのである。無難、ともいうべきか?

ゆえにプロの写真家にはよく使用される。

趣味で撮るアマチュアでも<きれい>なものが良い、と考える方には評判がよい。

斯くいうわたしめも、時にはCanonがいい、と思うことがある。

下のようなムツカシ露出をカメラが難なくクリアしてくれると

ありがたう、と口ずさんでしまう。





だからCanonとそのユーザーをどうこう言うつもりはない。

むしろ、廉価版フルサイズに、この新パンケーキ40mmをつけて

気軽に撮影を楽しみたい、と思う。

ゆえに、絶対出して欲しい廉価版フルサイズである~!♪






*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>



フォト News From Germany




*******************************************************************




[PR]
by amselchen | 2012-06-08 01:53 | EF 50/1.8II

EF 50mm F1.8II の後継となるパンケーキ40mm?





Canonの釣り用廉価版単焦点で、わたしの所有する唯一のEFレンズ

EF 50mm F1.8IIであるが、これを5Dなどのフルサイズに使用している方も多いそうだ。

軽量なので、重いカメラにつけるレンズとして楽な選択なのであろう。

がしかし描写性能は廉価版にあるまじき立派なものであることをユーザーがとっくにご承知なのであろう。

わたしめも、この廉価版レンズを、廉価版フルサイズに装着してみたいもの、

と思っているのであるが・・・・・

明日あたり、パンケーキ40mmの発表があるという。

それなどもおそらく廉価版フルサイズ御用達なのであろう、

これでますます期待がもてそうである♪





*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>



フォト News From Germany




*******************************************************************




[PR]
by amselchen | 2012-06-07 04:04 | EF 50/1.8II

息子よ

おおらかなキモチでいつもいて

相手をつつみこむように理解し

些細なことは気にもかけず

そっと微笑みかける

そのような大いなる木となり

見知らぬヒトもその木陰に休ませる

君にはそんなものであって欲しい。









*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>




*******************************************************************




[PR]
by amselchen | 2012-02-18 07:25 | EF 50/1.8II

水泥

水泥とはコンクリートのことです

シュイニーと発音します。

こんな素材を「彫刻」作品には普通用いません。

だからこれは(たぶん)砂岩でありませう。

しかしどうもシュイニーに見える

このことであります凹凸







*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>




*******************************************************************




[PR]
by amselchen | 2012-02-10 04:43 | EF 50/1.8II

泳げない沈黙

何時からそこにいるのか

水辺に沈黙している水棲生物

悦びの光に満ちた夏も

陰鬱な空が圧する冬も

行き場のない沈黙をつづけるのみなのである。








*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>




*******************************************************************




[PR]
by amselchen | 2012-02-08 17:06 | EF 50/1.8II

見上げれば寂寞


寂寞という言葉を多用したのが魯迅だった。

辛亥革命に身を賭したに関わらず

革命後にやってきたのは理想とした社会ではなかった

そして革命に倒れた知人・友人・知己を思って

寂寞としていたのである。

その寂寞を知っていたので

そのころショーケツを極めていた学生運動家のアジにも

醒めた目を向けることができたのであった。

いま感じている寂寞はそのような高尚なものではなく

ただ自分が老いたせいなのをわたしは知っているのだ・・・・








*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>




*******************************************************************




[PR]
by amselchen | 2012-02-07 06:01 | EF 50/1.8II

夫唱婦随

同タイプのオランダ式

仲良く駐輪中

よく見ると、その実

婦唱夫随のようであります凹凸♪

これすなわちゲンジツ

このことであります凹







*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>




*******************************************************************




[PR]
by amselchen | 2012-02-06 02:11 | EF 50/1.8II

ひと瞬きの光陰


どうでもいい街角に照り返していた午後の光

それを瞬いて捉えるのが写真の仕事なのである

とつくづく思った冬のある一日であった、なはは♪








*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>




*******************************************************************




[PR]
by amselchen | 2012-02-04 01:50 | EF 50/1.8II

陰影礼賛


のっぺりとした灰色のトーンがつづくドイツの冬である。

しかし時折光が漏れることもある、

しかし弱弱しい光ゆえ、はっきりとした影をつくることができぬ。

その微妙な陰影を、ドイツ人たちははたして好んでいるのだろうか?

大いに疑問ではある。








*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>




*******************************************************************




[PR]
by amselchen | 2012-02-01 17:17 | EF 50/1.8II