アムゼルくんの世界 Die Welt des Amselchens 

カテゴリ:Planar 1.8/50 HFT( 6 )

異界転生





異界、というのはどうも独特の魅力のある字面である。

そこは天国かもしれないし、地獄かもしれない、

ただチェックアウトはできても立ち去ることはできないのだ。

だからその入り口をみつけても覚悟なしに近寄ってはならないのである~~







*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら

NEW!! >>>
Fluidr <Amselchen>




*******************************************************************




[PR]
by amselchen | 2011-07-08 01:22 | Planar 1.8/50 HFT

二対一




シナの各都市には駐輪場があって、管理のオバサン・オジサンがいて面倒を見てくれるのを思い出した。

一回につき二分(当時の日本円で5円くらいのものか?)だった。

もっとも公共バスもその程度の値段だったから、駐輪場は決して廉いとはいえないのだが、

なにしろチャリンコのあるなしでは行動の自由が随分ちがってくるので、なくてはならない交通手段ではあった。





*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら

NEW!! >>>
Fluidr <Amselchen>




*******************************************************************




[PR]
by amselchen | 2011-05-30 03:41 | Planar 1.8/50 HFT

影の言葉




けっきょくのところ写真とは光と影の戯れを捉えることだ、と誰かが言った。

だからこれでいいのだ、と自分に言う。





*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら

NEW!! >>>
Fluidr <Amselchen>




*******************************************************************




[PR]
by amselchen | 2011-05-29 05:33 | Planar 1.8/50 HFT

この発色はF1.8のせいか~?




どうも、このレンズを、Y/C Planar F1.4/50mm T*とばかり比較しているのはよろしくないのか、

と思い始めた。Y/C にはF1.7もあった。そちらと比較するのが妥当なのかもしれない。

しかしわたしめはF1.7を所有していない。どなたかおもちの方の意見をお聞きしたいものである。



*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら

NEW!! >>>
Fluidr <Amselchen>




*******************************************************************




[PR]
by amselchen | 2011-05-28 00:11 | Planar 1.8/50 HFT

T*だけがPlanarではない




Zeiss Ikon 社がContarex をRollei 社に譲渡して誕生したのが一眼レフのRolleiflexですから、当初はZeiss製造のPlanarが用いられていた、ということです。

その後Rollei 社は、独自のHFT(高度に忠実な透過性)コーティングを施したレンズを開発しました。

T*信仰のある方は別として、このHFTもよろしいなあ、と思われるのではありませんか。



*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら

NEW!! >>>
Fluidr <Amselchen>




*******************************************************************




[PR]
by amselchen | 2011-05-26 17:03 | Planar 1.8/50 HFT

プラナー・バンザイ~!




Planar といっても、これはRollei QBM マウントであります。

コーティングは、おなじみT*ではなく、HFT (High Fidelity Transparent)であります。

そのせいか、発色はより濃厚なのであります。

Rollei SL35Eというカメラは、日本製一眼レフの攻勢に敗れて消滅したRollei一眼レフカメラの最後のモデルだとか。

操作性もその見かけどおり重厚、なのであります。

いずれにせよ、わたしめのプラナー全マウント制覇の野望もまた一歩だけ進捗したのでありました♪



*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら

NEW!! >>>
Fluidr <Amselchen>




*******************************************************************




[PR]
by amselchen | 2011-05-26 06:14 | Planar 1.8/50 HFT