アムゼルくんの世界 Die Welt des Amselchens 

カテゴリ:Flektogon 2.4/35( 61 )

【Flektogon 2.4/35】を持ち出してみた

年末年始、このブログは完全にシカトした。写欲も書きたいという欲求もなかった。
今更なので年末年始の挨拶も抜きにさせていただく。

ふと思い立って冬眠中(というか仮死に近い)Flektogon 2.4/35をK200Dに装着して撮影してみた。

理由はない、ただ思い立っただけです。

結果はまあ惨憺たるものだった。

まずK200Dのファインダーが小さすぎて合焦点が見えない。


parking on my way


かってはフォーサーズ機E-520のファインダーで悩まされたものだが、APS-C機のファインダーが斯くも見難いものだったとは思わなかった。

D610のファインダーに慣れてしまった結果の不幸である。

ゆえにフォーカスはすべて勘だよりである。

その結果ピンボケを連発した。

ここにアップしたのはピンが来たものを拾ったのである。

after rain

合焦さえすればFlektogonの描写に文句はない。シャープだしボケもきれいだ。

実は仮死中にK200DのAF機能が喪失しておりMFでしか使用できない。

今更修理に出す意義も見いだせないのでM42専用機として使おうか、と考えている。

次はこれも冬眠中のPlanar 1.4/50 T* ZSを持ち出してみようか♪





*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




[PR]
by amselchen | 2015-01-12 20:12 | Flektogon 2.4/35

ボツ山崩し Flektogon 35mm/F2.4篇その3




トーン描写のよさが気に入っている一枚。♪

これがなぜボツ山につもっていたのかは定かではない凹





お気に召しましたらクリックを♪
そうでない方も、まっとりあえずクリックを♪♪
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村


*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら

NEW!! >>>
Fluidr <Amselchen>




*******************************************************************




[PR]
by amselchen | 2011-10-05 16:33 | Flektogon 2.4/35

ボツ山崩し Flektogon 35mm/F2.4篇その2





カラーだと独特な渋みをだすレンズだが

モノクロだともちろん渋みは出ない凹

がしかしトーン描写のよさがよくわかるのである♪





お気に召しましたらクリックを♪
そうでない方も、まっとりあえずクリックを♪♪
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村


*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら

NEW!! >>>
Fluidr <Amselchen>




*******************************************************************




[PR]
by amselchen | 2011-10-05 04:09 | Flektogon 2.4/35

ボツ山崩し Flektogon 35mm/F2.4篇




Pentax SPII、もうずいぶんともちだしていないなあ~

Flektogon 35mmとの相性はいいようなのでもっと使わねば~


それにしてもこの三輪車だが

愚息が一歳の時に買って、そうねえ~三歳くらいまで乗っていたかなあ~~

なにやらそのころの家族三人の生活が懐かしいのか

妻も、わたしも、息子も

これを捨てようと言い出すものがいないまま

ベランダの隅にうずくまったままだ。

ときには変な格好をして誰かにかまってもらいたげな風情だが・・・・・





お気に召しましたらクリックを♪
そうでない方も、まっとりあえずクリックを♪♪
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
にほんブログ村


*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら

NEW!! >>>
Fluidr <Amselchen>




*******************************************************************




[PR]
by amselchen | 2011-10-04 05:08 | Flektogon 2.4/35

フレ君の写し出すジョーカン




それは旧東独の空気なのだろうか

埃とくすみ

栄光と懐旧

鉄と機械油

すでに消滅したある文化の尻尾をひきずっているのだが

それがはたして旧社会主義だけのものなのか

あるいは旧ドイツ帝国の残照があるのか

どうも後者のような気もする。

とすると東西分裂のような政治的環境では拭い去ることの出来ない

もっと文化的深部からの声が

イェーナのレンズには響いているのかもしれない。






*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら

NEW!! >>>
Fluidr <Amselchen>




*******************************************************************




[PR]
by amselchen | 2011-03-11 08:02 | Flektogon 2.4/35

濡れる日常性




タイトルは画を見ながらのただの思いつきで深い意味はございません。

考えすぎないよう、お願い申上げます♪





*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら

NEW!! >>>
Fluidr <Amselchen>




*******************************************************************




[PR]
by amselchen | 2011-02-27 06:43 | Flektogon 2.4/35

フシギな光景




これはもう二月も前の画であるが、ついこの間その場所を訪れたら、何も変わっていなかった。

いったい誰がここにサンダルの片方だけ遺棄して行ったのか。

誰かがそこで自殺をしたという話も聞かないし、またするような場所ではない。

そこはただの原っぱなのである。

今はもう茫々と茂る雑草の中に埋もれていたサンダルが

何事かを語っているようなのであるが

わたしにはその意味が聞き取れないのである。







*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら


*******************************************************************
[PR]
by amselchen | 2010-05-26 14:57 | Flektogon 2.4/35

忘れかけていたもの




初夏の陽射しの輝きに、

遠く薄れかけてゆく早春のころの

かそけき光のありがたさ。

やはり物事は相対的な価値観に

からめとられているのだと

少し古い写真をながめながらそう思う。

たった二月前のことなのに

もう忘れかけていた

移ろう感慨と

生活上のあれやこれやが

画に固定された視線を梃子にして

まざまざと再生された。

こういうこともあるのだなあ、と

一時呆然とする。

俺はいったいどこにいるのであろうか、と。











*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら


*******************************************************************
[PR]
by amselchen | 2010-05-04 22:54 | Flektogon 2.4/35

百花斉放





北海道がそうだと仄聞しますがドイツでもあれやこれやの春の花が一斉に咲き競います。これはたぶんジャスミンの一種でしょうチョウジガマズミ、というらしい。清々しくも甘い香りを放っていました。♪




*******************************************************************

このブログはフィルム・フォト専用としました。デジタル・フォトは
<Die Welt der Amsel(アムゼルの世界)>にてひきつづきエントリーしています。


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら

FotoPus<アムゼルくん>ギャラリーは→こちら

Flickr <Amselchen>は→こちら


*******************************************************************
[PR]
by amselchen | 2010-04-13 22:55 | Flektogon 2.4/35

目覚めへの旅





柳の一種だと思われる木ですが、毎年きれいさっぱり刈り込まれます。それでも時至ればまた立派に芽を出し葉を茂らせるのです。

More
[PR]
by amselchen | 2010-04-13 04:13 | Flektogon 2.4/35