アムゼルくんの世界 Die Welt des Amselchens 

カテゴリ:<Yashica/Contax>( 1 )

Planar の背後にひそむもの


前回は、Planarに悪戦苦闘した模様をリポートした。

しかし、ピント露出ともにはまる(と自分が感じるということだが)といい画ができる。それもあくまで主観的感想だが。


b0148617_1483329.jpg



精緻な表現で色調もよい。これはのめりこみそうである。

しかも、Contaxシリーズには、このいわゆる「標準レンズ」の背後にすごいつわもの達が控えている。

たとえばDistagonである。25、28,35mmとすべてがほしい。

そして、とりあえずはそのあたりで踏みとどまりたい。

M42マウントのZeiss Jena(東独本社)製のものは、すでにだいたい欲しいものは入手した。

その本命ともいうべきFlektogon 2.4/35がとうとうやってきた。

しばらくは、Planar 1.4/50との両刀使いである。


PS
わたしがアダプター遊びの師とあがめご指南いただいている「お師匠様」ことルリビタキさまより、レンズカヴァーにつき貴重な助言をいただいた。

それは、Flektogon 2.4/35にはペンタックスDA40 2.8 Limitedのカヴァーが転用できる、との仰せである。

早速ためしてみた。結果はご覧のとおり。ぴったしである。

b0148617_150460.jpg



装着した様子も美しいではないか。

お師匠様はペンタックスはお持ちではないのに、どうしてこのことをお知りなのであろうか、謎は深まるばかりである・・・・
[PR]
by amselchen | 2008-11-17 02:08 | <Yashica/Contax>