アムゼルくんの世界 Die Welt des Amselchens 

Fuji X-M1をいまさらだがゲットしてみた

しばらく前にゲットしてみたFuji X20だったがけっきょく手放してしまった。

やはりセンサーが小さすぎたからだ。

小さいながらX-Trans CMOS IIセンサーの描写性能は優れているが

如何せん小さすぎてブログに貼りつける程度はよいとして

原寸拡大で見られてしまうFlickrなどでは粗がめだつのだ。

そのX20とほぼ同じ大きさだがしかしAPS-Cセンサーを搭載するX-M1が気になっていた。

そこでまた大阪のSくんを煩わせてX-M1をゲットしてもらった。

センサーはひとつ前の世代のX-Trans CMOS センサーだがX20のそれより約4倍大きいゆえ

原寸拡大しても平気である。

N and lonely bench

X20ではRAW現像する気も起きないほどの荒れた画質だったが

X-M1ならRAW現像も普通にできる。上の画像がそうである。

しかしFujiのJPEG画像は秀逸なのでそのまま使用してもよい。

下の画像はJPEG撮り出しだ。

something hiding under warter


画質はほとんどFOVEONのそれを思わせる出来でまずまず満足である。

つらつら考えるにFOVEONの画質は三層積み重ねセンサーによるものではなく

ローパスフィルターレスに由来するものではないか、とFujiを使用してみて感じる。

X-M1はご承知のようにEVFを省いた廉価版で作りもチャチだ、しかしへなへなした感じはない。

キットレンズの廉価版16-50㎜は実にシャープだ。

これもプラスチッキーな安物感いっぱいだが軽くてX-M1には使いやすい。

このレンズにボケは期待できないので後日ボケ用のレンズをゲットせねばなるまい。





*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




[PR]
by amselchen | 2015-03-13 03:28 | XC 16-50/3.5-5-6