アムゼルくんの世界 Die Welt des Amselchens 

ライカキラーとしてのZeiss Ikon

いったいどれほど売れたのかは知らないが

けっしてライカほどの評価はうけていないであろう

がしかしこのカメラの操作性がライカに劣るとは思えない。

M3と比較すればシャッターの感触と音がややどうもなにだが、しかしM6よりはずっといい。

またこのレンズが素晴らしいぞ~!F1.5と、あえて旧コンタックス・ゾナーを躊躇したその姿勢も、性能も善哉~!

と、いまさらながら Zeiss Ikonへのオマージュを贈るのである。

ツァイス・スペシャリストの竹田正一郎氏はその著書『ツァイス・イコン物語』で以下のように書いておられる、

「超高級機なのに価格は中級機の設定だが、これはツァイス・イコンとそのレンズ群の抜群の性能を、できるだけ多くの写真愛好家に経験して欲しいというカール・ツァイスの強いポリシーで決まった。」

のだそうだ。

実を言えば、この一句をみて購買を決定したわたしめであった♪


しかしまさに言いえて妙、購入をお迷いの方がおられるなら、是非にも、と背中を押すのである。

使用して一年とちょっと、ヒジョーにマンゾクが行く機材である。

こんなカメラを生産できるコシナさんの企業力も善哉~!






ちなみに、竹田氏の書名のツァイス・イコンとはカール・ツァイスのカメラ生産部門のことでその工場はドレスデンにあった。東西分裂後は、ペンタコン人民公社と改名して生産を続けたが東西ドイツ再統一とともに消滅した。

本来なら、このカメラ、コンタックスの名前で販売したかったカール・ツァイスであるが、そのブランド名は京セラが死蔵して放さないので、しかたなくツァイス・イコンの名前で世に出たのである。

京セラのバカ~!










*******************************************************************


LEICA Fotografie International(LFI) <Amselchen> Galerie は→こちら


Flickr <Amselchen>は→こちら

Flickr <Amselchen>スライドショーは → こちら


Fluidr <Amselchen>




*******************************************************************




[PR]
by amselchen | 2012-01-27 18:21 | C Sonnar 1.5/50 T*