「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

アムゼルくんの世界 Die Welt des Amselchens 

ブログ再開

放置モードにしてほぼ一年

またブログ再開してみようかという気分になってきた。

そこでその気分を尊重しつつも、しかし気分一新ところを代えて再開することにしました。

同じExplogですが以下のURLでございます。

アムゼルの個人的撮影生活と意見及その結果報告 

よろしければまたおつきあいのほど、よろしくお願いいたします♪

b0148617_18450815.jpg






*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




[PR]
# by amselchen | 2016-05-04 18:40

お知らせ

3か月近く放置したままの当ブログにそれでもお越しくださる方々がいらっしゃるので謹んでお知らせします。

とりあえず当ブログを更新する意欲が失せました。

しかしひょっとしてまた更新を再開する日が来るかもしれません。

拙い写真はこれまでどおり

Flickr

500px

にてほぼ毎日アップロードしております。

また

Twitter

Tumblr

もFlickr経由で更新中です。

またFacebookにては「お友達」および「フォロワー」の方々に見ていただいております。

よろしければ上記外部サイトへお越しくださいまし。

ありがとうございました。

Amselchen



summer evening 2



*******************************************************************




[PR]
# by amselchen | 2015-07-14 23:54

Fuji X-M1+Planar 1.4/50 T*ZS 【訂正あり】

さてX-M1のボケ獲得のための対策である。

答えは、アダプター経由のPlanar 1.4/50 T*ZSであった。

FX 35mmF1.4が名玉らしいが、とりあえず購入資金がない凹

アダプターならタカがしれた価格であるし、冬眠中のPlanarを使ってやりたい親心もある。

Bokeh with Planar

当初はSigmaにも使いたい一心でM42のZSを購入したのだが

現行メイン機のNikon D610には不便である。

アダプターがないわけではないが、通常のアダプターでは無限遠がでず、

レンズ付きのアダプターではFX機ではミラー干渉する。

Bokeh with Planar 3


ゆえにその導入以来、他のカメラを持ち出すことがないほど惚れたD610ゆえ

自然とPlanarの出番がなかったのである。

もったいない、のである。

X-M1をゲットしたのはこの名玉を使いたいという気持ちもあった。

本来はCanonフルサイズで使用するのが普通だろうが

わたしはCanonのキレイキレイな画質に偏見がある。


X-M1 with Planar


また最廉価の6Dは、価格帯ではD610と同じだが

カメラとしての格はずっと下

というより、D610は5DMIIIよりちょい下の性能を6D並の価格で販売しているという

NikonのMKTGの勝利なのである。

カメラ雑誌などは業界の反感をかってはビジネスが成立しないのでこの点を指摘しないが

わたしはこのCanonにとっては不都合な真実をあえて強調したい。

閑話休題、X-M1である。

センサーサイズのせいでPlanarは75mm相当になる。

X-M1 with Planar 2


これが受け入れがたくてAPS-C機には使いたくなかった。

しかし75㎜も悪くない、と感じたのは

セイケ・トミオ師の75㎜好みの影響もあろう。

クジラを見てメダカが喜んだのだ、と笑ってくれたまえ。

馬齢を重ねるたびに広角が嫌になり

使用するレンズの焦点距離が伸びるのは

高梨豊師の「焦点距離年齢説」のせいである。


Bokeh with Planar 2

つまり高梨豊師が、生理的にしっくりくるレンズの焦点距離(35ミリ判換算)と年齢は一致する

と唱えたために世界がそのように変容したのだ。

わが馬齢は未だ遠く75には達しないがそろそろとそれに近づいているので

あらかじめ75㎜を練習しておくのにはよい組み合わせかもしれない。

しかし重大な問題がここにある。

X-M1のピーキング機能はほとんど役立たずなのだ。

NEXのそれと比して幼稚園並と評しておく。

NEXの場合、さらに画面拡大機能があってピン合わせは楽だが

X-M1ではまったくの勘頼りなのである。

やれやれ世の中のすべてと同様にそうそううまくは行かぬのが現実なのであった・・・・


【訂正】
このエントリーをFBにてアップしたところ、黒顔師匠からご指摘があった。

「アムゼルさん、X-M1はMFの際に拡大はできまへんか? Nikon D610でもOlympus Pen E-PL6でも、10倍拡大ぐらいに大きくすればピントの山は見えますぜい♪」

ということで、再度使用説明書をダブルチェックしてみると、ありましたねえ。

http://fujifilm.jp/support/digitalcamera/download/pack/pdf/ff_xm1_mn_j100.pdf 

使用説明書57ページから「ピント合わせの方法を変更」項目があった。
MENU>>フォーカスモードを選択>>OK>>マニュアルを選択>>OK、これでサブダイアルを下に押すと画像拡大でピン確認ができる。

NEXの場合もメニュー選択が面倒だったが、X-M1はそれに輪をかけて難儀である。筐体の小ささの皺寄せがこんなところに来るようだ。

黒顔師匠、ご指摘ありがとうございました♪


*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




[PR]
# by amselchen | 2015-04-16 16:39 | Planar 1.4/50 T* ZS

Fuji X-M1でアムステルダムを 2

<Fuji X-M1でアムステルダムを>その2である。

今回は悪天候の予報がでていたので

撮影に不適切な場合は美術館・博物館へと心の準備はしてあったのだが、

午後から☀となり撮影もよく進捗した。

しかし道すがらAmsterdam Museumの入り口が

こっちへお入り、と手まねきしていたので、ついフラフラと入ってしまった。

あとでその理由が判明した。

この画が手招きしていたのである♪

At Amsterdam Museum

ここは有名なあのレンブラント作【夜警】のある王立美術館ではなく

市立のアムステルダム市の歴史に関する展示内容である。

その内容たるや高校生の授業向けといったもので

実際に二組の高校生グループが教師の引率説明付で参観中だった。


博物館入口近くのいかにも古い都市の風格をもつレリーフが好ましい。

DSCF3089


博物館入口前で待ち合わせしたのか、待ち人来りて微笑む女子

66 DSCF3083


博物館から外にでて表通りでチャリなどを

on a street of Amsterdam


などと撮影しながらの散歩はちっとも前へ進まないのである。

そうこうしているうちに集合時間も近づいたので

王立博物館前からトラム10番に乗車するため道を急いだ。

その近くの橋の上でボケ描写を試みる。

Amsterdam

16㎜(24㎜相当)で目いっぱい寄って背景をぼかそうとしたが

こんな程度である。

ということで、次回はボケ専用に調達したもので撮影したボケを紹介します♪





*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




[PR]
# by amselchen | 2015-04-11 21:40 | XC 16-50/3.5-5-6

Fuji X-M1でアムステルダムを

ほぼ半年ぶりのアムステルダムだった。

出発する時は雨だったが2時間半後に到着したその時は雨はあがったものの

北海からの強い風が運河の水を波立てていた。



DSCF3003s


日帰り旅行なので天気に文句をつけている暇はない。

用がある妻と、無理やり同行してきた息子およびそのガールフレンドとは別行動で

持ち時間をすべて自分のために使えるので

前回に撮り逃がした場所などを訪ねる。


66 DSCF3109


今回はFuji X-M1+Fujinon XC 16-50/3.5-5.6一つだけ持参した。

ゆえに楽チンである。

しかしボケは期待できない機材である。

広角側が24㎜相当なので街撮りには助かるときもある。


DSCF3104


ボケはだめだがパンフォーカスならしっかりと精細に写し取ってくれる。

一度だけ泊まった事があるHotel Americanも十数年ぶりにたずねた。

ここは望遠側75㎜相当で時計のある塔を撮る。


DSCF3127


パレスの後ろにあるかっては郵便局だったショッピングモールは日曜日も開いている。

これはドイツにはない消費者には便利なものだ。

DSCF3048


歩いて少し空腹を覚える。

オランダで食すべきはキブリング(Kibbeling)である。

白身魚をフライにしたもので、慣れないと「なんじゃこりゃ」的な簡単すぎな食物だが

慣れると美味い。

付け合わせは普通フレンチフライだが、当日は売りきれでパンにする。

思った通りあくまで柔らかなパンである。ニンニク入りのソースを入れて約3ユーロ

高い~!

オランダは物価が高いのが困りものだ。

DSCF3005


次回に続く(かも知れない)








*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




[PR]
# by amselchen | 2015-04-07 21:35 | XC 16-50/3.5-5-6

Fuji X-M1をいまさらだがゲットしてみた

しばらく前にゲットしてみたFuji X20だったがけっきょく手放してしまった。

やはりセンサーが小さすぎたからだ。

小さいながらX-Trans CMOS IIセンサーの描写性能は優れているが

如何せん小さすぎてブログに貼りつける程度はよいとして

原寸拡大で見られてしまうFlickrなどでは粗がめだつのだ。

そのX20とほぼ同じ大きさだがしかしAPS-Cセンサーを搭載するX-M1が気になっていた。

そこでまた大阪のSくんを煩わせてX-M1をゲットしてもらった。

センサーはひとつ前の世代のX-Trans CMOS センサーだがX20のそれより約4倍大きいゆえ

原寸拡大しても平気である。

N and lonely bench

X20ではRAW現像する気も起きないほどの荒れた画質だったが

X-M1ならRAW現像も普通にできる。上の画像がそうである。

しかしFujiのJPEG画像は秀逸なのでそのまま使用してもよい。

下の画像はJPEG撮り出しだ。

something hiding under warter


画質はほとんどFOVEONのそれを思わせる出来でまずまず満足である。

つらつら考えるにFOVEONの画質は三層積み重ねセンサーによるものではなく

ローパスフィルターレスに由来するものではないか、とFujiを使用してみて感じる。

X-M1はご承知のようにEVFを省いた廉価版で作りもチャチだ、しかしへなへなした感じはない。

キットレンズの廉価版16-50㎜は実にシャープだ。

これもプラスチッキーな安物感いっぱいだが軽くてX-M1には使いやすい。

このレンズにボケは期待できないので後日ボケ用のレンズをゲットせねばなるまい。





*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




[PR]
# by amselchen | 2015-03-13 03:28 | XC 16-50/3.5-5-6

まだ健在なNEX-3♪

ほとんどもちだすことのなくなったNEX-3だがちゃんとまだ健在だ。

もともとはアダプター使用専門機としてゲットしたものだが

アダプター遊び用のオールドレンズを陸続と手放してしまい

遊び自体にも興味を失った凹

いまNEX-3にはSigma 19mmF2.8が着けっぱなしである。

ほんとは30㎜が欲しかったのだがその時は売り切れで

あまり好みとは言えない28㎜相当の19㎜を買ってみたのだった。

案の定持ち出すことがなくなった。

無駄な投資だった。

とはいえ惜しくもない廉価ではあったが・・・・♪


Friseur DejaVu, Duisburg, Germany


今回は珍しく街撮りに持参したのだが

撮ったのは数枚で、そのほとんどが理容店内でのものだった。

28㎜のイメージでも1:1にトリミングすれば広角も目立たず

まあ好みの画角に見えるから不思議だ。

30㎜ならどうだろうか?

これも廉価で描写性能の高いレンズらしいのでちょっと逝ってみようか

とも思案中なのである。






*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




[PR]
# by amselchen | 2015-02-14 19:36

【Ai Nikkor 24mm F2.8S】の描写に惚れる

Ai Nikkor 24mm F2.8Sをゲットしてみた。

元来、あまり広角は好きではないのだが

どこかで、このレンズ、ZeissのDistagon 25mmF2.8T*に匹敵する描写性能である

との記事を読んだことがあり、それが潜在意識のどこかに引っかかっていた

それがふと顕在化したということか。


daytime moon over Düsseldorf


広角は35㎜で充分と考えているので28㎜さえ使う事もないが

いきなり24㎜は使い方がよくわからぬ凹

しかし撮ってみてわかったが以前ヤシカML24㎜F2.8をもっていて

Ariaだったかで撮影したところまるで別人が撮ったような違和感があり

それ以来24㎜は遠ざけてきたのだった。


a street in Düsseldorf


しかしこのレンズの描写は好みである。

ハイコントラストでシャープ、いかにもニッコールらしいレンズである。



上の二枚は駐車場の屋上から俯瞰したものだが

下に降りてこんな広告を見つけた。

We are waiting for you Diana


うんと近寄ってもまだ背景が画面に入るところがいかにも24㎜らしい♪

広角好きな人の気持ちが少し理解できたようだ。

ついでにDianaの動画も貼っておこう








*******************************************************************




Fluidr <Amselchen>







*******************************************************************




[PR]
# by amselchen | 2015-02-03 02:58 | Ai Nikkor 24/2.8S